【レポート】

無料アプリで手軽にクリエイター気分を楽しもう -フォト編part1

iPhoneの魅力といえば、その多彩なアプリの豊富さといっても過言でないだろう。そのアプリの中でも、群を抜いて人気が高いのがカメラアプリだ。国内メーカーと比較すると、決して高性能とは言えないiPhone内蔵カメラだが、様々なカメラアプリと組み合わせて使用することで、非常にアーティスティックな写真を生み出せるのは大きな魅力ともなっている。ここでは、iPhoneをよりクリエイティブにしてくれる多彩なカメラアプリから、無料で楽しめるアプリを厳選しご紹介していこう。

Instagram

国内での利用者も非常に多いiPhone用カメラアプリ「Instagram」では、真四角なアスペクト比の写真に、多彩かつ独特なフィルタをかけ、インスタントカメラのような作品に仕上げることのできる。搭載されているフィルタは、種類を選んで適用するだけの簡単操作ながら、ノスタルジックな雰囲気を持った写真となるため、日常のスナップから作品制作にまで幅広く活用することができるはず。また、本アプリは、そのまま独自のSNSに撮影・加工した写真をダイレクトにアップロードし、世界中のユーザーと簡単に共有することができ、さらにTwitterとの連携・自動投稿なども行えるので、ますます楽しみが広がるだろう。

PhotoSynth

Microsoftからリリースされている「PhotoSynth」では、iPhoneで手軽に360度のパノラマ写真を作り出すことができる。Webアプリとして以前より公開されていたが、iPhoneでもほぼ同等の作業が行えるようになった。本アプリでは、写真を撮ると同時に、隣り合った風景をオートマティックかつリアルタイムに繋ぎ合わせてパノラマ合成が可能なため、短時間で思いどおりに撮影が可能となっている。出来上がったパノラマ写真は、その場でフリックしながら閲覧も行える。なお、完成した作品はFacebookなどへの共有も行えるようになっている。

Gorillacam

「Gorillacam」は、クネクネと曲がるユニークな機構を持つ脚が特長の三脚「ゴリラポッド」でも知られるメーカー、JobyによるiPhone用カメラアプリ。本アプリは、無料でありがなら、デジタルズーム、手ぶれ防止、タップフォーカス、イメージサイズ選択、セルフタイマー、バースト撮影など、有料カメラアプリに負けない非常に豊富な機能を備えている。さらに、特徴的なのがタイムラプス(微速度撮影)機能で、一定時間ごとに定点撮影を行うことでコマ撮りのような効果を生み出せる。ショット数およびインターバル(秒)も、それぞれ個別に設定できる。タイムラプスでの撮影時には、カメラをしっかりと固定する必要があるので、同社の三脚が最適だ。

aniQuoma

写真を簡単にイラスト(マンガ)風にアレンジしてくれる写真編集アプリ「aniQuoma」。ペンエッジ/ペンストローク/コントラスト/明るさの4つのコントローラーは、指先で画面を左右にスライド操作して変化させるだけと、シンプルなユーザーインタフェースになっている。また、メッシュ効果や集中線効果(タップ位置で中心を指定可能)も用意されており、気軽に様々な演出を施せるようになっている。完成した作品は、メール添付やtwitpic/twitterへの投稿のほか、NatsuLion / Echofonなどのtwitterクライアントアプリとの連携も行える。

Phonoto

「Phonoto」では、100種類以上のフォントを利用し、お気に入りの写真に文字を挿入することができる。撮影もしくはカメラロール/フォトアルバムに保存された写真に、ワンタップで文字のデコレーションを加えられる。また、文字の位置やサイズ、文字の色、背景色も個別に設定が可能となっている。さらに、吹出しなど文字以外のアイテムも用意されているので、簡単なグリーディングカードやメッセージフォトの作成にも最適。カメラロールへの保存のほか、Eメールによる送信にも対応している。なお、本アプリは日本語入力にも対応してるが、一部のフォントは非対応なので注意が必要だ。

以上、5つのアプリを紹介してきたが、手軽にアーティスティックな写真を撮りたいユーザーには、トイカメラ風に写真を仕上げてくれるアプリがお薦め。さらに、他人とは一味違ったクリエイティブな作品を狙いたいユーザーは、タイムラプス撮影やパノラマ撮影に対応したアプリなどがいかがだろうか? もっとも身近で手軽なクリエイションツールといえる無料のiPhone/iPadアプリで、ぜひ皆さんも写真撮影をもっともっと楽しんでみよう。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事