【レポート】

Sandy Bridge搭載の新型iMacを写真でご紹介 - 外観に大きな変化はなし!?

 

5月3日に発売された新型iMacは、すでにApple Storeなどの店頭に展示されている。連休中に実際に触ってみたという方も多いだろうが、まだその機会がないという人も少なくないはず。ここでは、新型iMacを簡単ながら写真でご紹介しよう。

新型iMac 21.5インチモデル(左)と27インチモデル(右)

とはいえ今回の新型iMac、外観においては従来モデルから変化がない。液晶ディスプレイは21.5インチと27インチの2サイズで、プロセッサの変更はあったものの筐体内部の構造などを見直したということもなく、これまでどおりであるという。

21.5インチモデル

27インチモデル

ただし、背面のコネクタ部を見ると、微妙ではあるが違いがあった。まず、21.5インチモデルでは、従来モデルのMini DisplayportがThunderboltポートに変わっている。端子形状は互換だが、この端子に対応するアイコンがThunderboltのものになっているのがわかる。

21.5インチモデルの背面コネクタ部分。Mini DisplayportがThunderboltポートになっている

そして27インチモデルでは、Thunderboltポートを2基搭載。外部ディスプレイ+Thunderbolt対応デバイスの接続といった使い方もできるわけだ。

27インチモデルの背面コネクタ部分。Thunderboltポートが2基装備されている

なお、正面上部に搭載されていたiSightカメラはFaceTime HDカメラに進化しているが、外観からは違いはわからなかった。

またもうひとつ重要な変更点が、オンラインのApple Storeでは付属のMagic MouseのかわりにMagic Trackpadを選択することができるようになったというところ。従来モデルでもMagic Trackpadの追加は可能だったが、今回はより柔軟にユーザーの好みに対応出来るようになったことになる。

今回のモデルチェンジに伴い、オンラインのApple StoreではMagic MouseのかわりにMagic Trackpadを選択できるようになった

ここまで写真で新型iMacをご紹介してきたが、正直にいって今回のリニューアルの内容は写真ではあまり伝わらないことと思う。マイコミジャーナルでは近日中に、パフォーマンス評価を含めた詳細なレビューをご紹介する予定なので、ぜひ楽しみにしていただきたい。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

IaaSの基本を知ろう! パブリックとプライベートの違いって?
[09:30 8/31] 企業IT
SaaS、PaaS、IaaS、クラウドサービス3種の特徴とは
[09:30 8/31] 企業IT
急速に普及するクラウドサービスIaaSによるシステム構築の特徴とメリット
[09:30 8/31] 企業IT
設備投資からみるIaaSのメリット
[09:30 8/31] 企業IT
IaaSの基本とそのメリットとは?
[09:30 8/31] 企業IT