【レポート】

iPhone 4ホワイトモデルは隅々まで白い! - 実機を写真でご紹介

マイコミジャーナルでも既報のとおり、4月28日にiPhone 4のホワイトモデルが販売開始となった。iPhone 4の発表時にアナウンスされた「2010年6月末」という予定から10カ月遅れての登場となる。発売時の店舗の様子はすでにレポートとしてご紹介したが、今度はこのホワイトモデルを実際の写真でチェックしていこう。

iPhone 4 ホワイトモデル

それではさっそく正面から。これはブラックモデルと比較してみた。ベースカラーがホワイトになることによって、フロントのカメラ・スピーカー・マイクの存在が際だつ。また、周縁部が白いため、ディスプレイの表示部と周縁部の間の黒い部分がはっきり目立っている。

正面をブラックモデルと比較

続いて上面。ここではヘッドホンジャックの内側に注目。ホワイトモデルでは、ここもホワイトにカラーリングされているのだ。

ヘッドホンジャックの内側もホワイト

さらに底面を見てみると、ここでもDockコネクタの内側がホワイトにカラーリングされているのがわかる。これまで意識したことはなかったが、ブラックモデルのこの部分は当然のようにブラックだ。

Dockコネクタの内側までホワイトにカラーリング。iPodシリーズでも同様にコネクタ内部のカラーを本体カラーに合わせていただろうか? 残念ながら筆者の記憶にはない

次に両側面。上下の白い部分によってだいぶ印象がブラックモデルとは違うが、金属のユニボディ部分に違いはなし。さすがにSIM抜挿のピンを挿す穴の内部はホワイトではないようだ。

右側面・左側面ともブラックモデルとの違いは見あたらない

最後に背面。店頭の展示品を撮影したためワイヤーがついているのはご容赦いただきたいが、全面的にホワイト。ブラックモデルでシルバーになっていた部分はホワイトモデルでもシルバーだ。

背面。多少カメラの存在感が増しているようにも思える

以上、簡単ながら写真でiPhone 4 ホワイトモデルをご紹介した。登場当初の白いiPodの印象が強いユーザーにとっては、白いiPhoneの存在はうれしいものなのでは? これからiPhone 4を購入しようというユーザーにとっては、どちらの色を購入するか、またひとつうれしい悩みが増えたといえるかもしれない。

ブラックとホワイト、どちらを買うか――また購入時の悩みがひとつ増えた

人気記事

一覧

新着記事