【レポート】

CES 2011 - Sony EricssonがAndroid 2.3搭載「Xperia arc」の実機を展示

 

Sony Ericssonは、世界最大の家電見本市「International CES 2011」において、Android OS搭載スマートフォンの新製品「Xperia arc」を発表した。今年第1四半期に世界で発売する予定で、ブースの説明員によれば「すぐに(発売する)」。日本での発売については「おそらく発売される」という回答だった。

Xperia arc。本体カラーはMidnight BlueとMisty Silverの2色

Xperia arcは、日本でも発売されているAndroid搭載「XPERIA」シリーズの最新機種で、OSには最新のAndroid 2.3(Gingerbread)を採用。4.2インチの大型液晶を搭載しながら、最薄部で8.7mmという薄型を実現した。背面が緩やかなアーチ型の曲線を描き、上部と下部がやや厚くなっているが、ちょうど手に持つと薄い部分に手がかかって持ちやすい形状になっている。

正面。液晶は大きいが、狭額縁になっているため、本体の自体はそれほど大きくなっていない

本体側面。中央付近が細く、上下が厚くなるアーチ型の形状

本体背面。カメラは厚みのある上部ギリギリにある

本体上部。HDMI端子を備えている

既存端末のXPERIA X10と同様に、SNSの情報を集約したTimeScapeが利用可能。なめらかな動作を実現しており、全体的に快適な操作性だ。マルチタッチにも対応する。

また、ウィジェット機能が強化されており、ウィジェットから音楽を再生したりギャラリーの画像をサムネイル表示したりできる。ホーム画面のショートカットアイコン同士をドラッグ&ドロップで重ねるとフォルダを作成して管理する機能も備えており、さらにアプリメニュー画面では、アルファベット順やインストール順といった並べ替えの機能も搭載する。

音楽、画像を表示し、その場で再生やサムネイルの確認ができるウィジェット

ホーム画面で2本指を使ってピンチイン操作をすると、ホーム画面が縮小表示され、ウィジェットを選択しやすくなる

液晶画面はガラス層と液晶部の間の間隔をなくし、空気が入り込まないようにしてより高画質化を実現。さらにソニーと協力して液晶テレビBRAVIAのノウハウを持ち込んだMobile BRAVIA Engineを搭載する。これにより、動画再生時などにより高品位の映像を表示できるという。

カメラは有効画素数810万画素のCMOSセンサーを搭載。ソニーが開発する裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for Mobile」を採用しており、特に暗所でより高画質な撮影ができるようになっている。撮影のレスポンスも快適で、高画素ながらサクサクと撮影できる。

本体上部にはHDMI端子を装備。テレビに接続することでXperia arcの画面を大画面のテレビに出力できる。ホーム画面を始め、画像や映像、ゲーム画面まで出力できるので、撮影した動画像をテレビで楽しんだり、ゲームを大画面で行うこともできる。BRAVIA Linkにも対応しており、液晶テレビBRAVIAとつないだ場合、自動でテレビの電源がオンになるといった操作も可能だ。

プレスカンファレンスでソニーの平井一夫執行役EVPは、総力を上げてモバイル事業の強化を図る意向を示しており、テレビのBRAVIAやサイバーショットのExmor Rの技術も投入し、高機能な端末に仕上げている。

また、Google自身のNexus Sに続くAndroid 2.3搭載端末として、最新機能を搭載しており、高機能ながらレスポンスもいい。ウィジェット機能で使い勝手も向上しており、ソニーの意気込みが感じられる製品となっている。

人気記事

一覧

新着記事

「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー