「iPhone×NAS」の素敵な関係(後編) - アウトドアシーンで「TS-119」を活用 (1) まずはセットアップ!! | マイナビニュース

【ハウツー】

「iPhone×NAS」の素敵な関係(後編) - アウトドアシーンで「TS-119」を活用

1 まずはセットアップ!!

 
  • <<
  • <

1/3

データ容量が最大32GBしかないというiPhoneの弱点をカバーし、iPhone活用の可能性を広げるのが「NAS」である。前回は、様々な利用シーンにおけるiPhone×NASの活用を紹介したが、今回はその中から「アウトドアでiPhone×NASを楽しむ」を取り上げて、その詳細な利用手順を紹介する。

前回紹介したアウトドアでの利用シーン。旅先やイベントで撮った写真や動画を、友人や家族と楽しむのにNASを使用。iPhoneやデジカメで撮った写真をNASに保存 するだけで、自宅のPCやiPhoneからアクセスして、いつでもどこでも鑑賞することができる。また、イベントに参加した友人の写真もNASに保存すれば、簡易的な画像共有サービスとして利用することも可能だ

「iPhone×NAS」の素敵な関係(前編) - QNAP「TS-119」で秋を楽しむ!!

前回に引き続いて、使用するNASはQNAPの「TS-119 Turbo NAS」。ストレージにユニスターのオリジナルブランドのSSD「SEKITOBA(赤兎馬)」シリーズを搭載したモデルだ。ファンレス設計の筐体とSSDにより、ほぼ無音での運用が可能となっている。それでは、さっそく見ていこう。

「TS-119 Turbo NAS」(左)とSEKITOBA。SEKITOBAはIndilinx製Barefoot ECOコントローラを採用した2.5型SATAインタフェースのSSD製品。SEKITOBA搭載の「TS-119」は、ユニスターのWebストア「Unistar Online」から購入できる。128GBモデルが79,420円、256GBモデルが125,115円だ

セットアップと時刻調整

まず、「TS-119」を電源につなぎ、LANケーブルにも接続して電源を入れたら、次にNASの操作を行うPCに付属のCDからユーティリティソフトの「QNAP Finder」をインストールする。「QNAP Finder」を起動すると、図1のようなウィンドウが開き、ネットワーク内にあるNASがリストアップされる。左下にある[接続]ボタンから接続を行うと、Webブラウザで新しいタブが開き、「TS-119」の管理画面が表示される(図2)。メニューの「各種管理」をクリックすると、認証画面が表示されるので、ユーザー名「admin」、パスワード「admin」でログインする(図3)。

図1 「QNAP Finder」でネットワーク内のNASを検出し、接続しよう

図2 Webブラウザで「TS-119」の管理画面が表示される

図3 ユーザー名「admin」、パスワード「admin」でログインしよう

続いて、「TS-119」の時刻調整だ。左側のメニューの「システム管理」から「一般設定」を選択する(図4)。次に[日付と時刻]タブを選択し、時間帯を日本時間に変更して、右下の[適用]ボタンをクリックしよう(図5)。これで時刻の設定は完了だ。

図4 画面左のメニューで「システム管理」の「一般設定」を選択

図5 [日付と時刻]タブで時刻を日本時間に変更する

ファームウェアのアップグレード

次に、ファームウェアのアップグレードを行う。QNAPのWebサイトから、最新のファームウェアをダウンロードする(図6)。圧縮ファイルがダウンロードされるので、解凍を行ってimgファイルに展開しておこう。続いて、先ほどの管理画面に戻ったら、左側のメニューで「システム管理」から「ファームウェア更新」を選択する(図7)。

図6 QNAPのWebサイトで最新のファームウェアをダウンロード

図7 「システム管理」から「ファームウェア更新」を開こう

[ファイルを選択]ボタンから、先ほどダウンロードしたimgファイルを選択したら、[システムの更新]ボタンをクリックして、システムの更新を行う(図8)。ファームウェアのアップグレードには、しばらく時間が掛かるのでじっくりと待とう。更新が完了すると、ビープ音が鳴りNASの再起動を促すダイアログが表示されるので、再起動を行う。再起動が行なわれると、管理画面のトップページが表示される。

図8 ダウンロードしたimgファイルを選択して、[システムの更新]ボタンをクリック

メニューの「各種管理」をクリックして、再度ログインしたら、左側のメニューの「ネットワークサービス」から「Webサーバ」を選択して開く(図9)。そして、[WEBサーバ]タブにおいて、「Webサーバを有効にする」および、その下の「セキュリティ接続(SSL)を有効化。」にチェックを入れ、[適用]ボタンをクリックしよう(図10)。

図9 メニューの「ネットワークサービス」から「Webサーバ」を選択する

図10 2箇所にチェックを入れ、[適用]ボタンをクリック

以上でセットアップは完了。それでは、「マルチメディアステーション」で写真をアップロード・共有する手順を見てみよう。

株式会社ユニスター

株式会社ユニスターでは「高品質製品しか取り扱わない」 とのポリシーで流通を営んでまいりましたが、中でもQNAP製品は 最も信頼できる高性能NASです。迅速なファームアップを始めとした 最新技術革新は、今後の企業ネットワーク運用及びデータセキュリティ の分野を飛躍的に発展させると確信しております。またユニスターでは よりお客様が導入しやすいように国内にてすべての機種を徹底検証 し、あらゆるご質問に対するご回答、問題解決をできるよう取り組んで おります。

unistar

提供:株式会社ユニスター
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) まずはセットアップ!!
(2) NASに写真を保存しよう
(3) iPhoneで撮影した写真をNASにアップロード
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT