【レポート】

サイボウズ青野社長が語った育児休暇の"真実" - IT業界のパパ・ママに体験談

1 猛烈な"働きマン"が育休取得したきっかけはTwitter

 
  • <<
  • <

1/2

今年6月、サイボウズの青野慶久社長(39)が2週間の育児休暇取得を宣言した。「激務」というイメージが強いIT業界、しかも社長の育休取得とあって驚いた人も多いはずだ。時代の先端を走る社長は「育休」をどう過ごし、どんなことを感じたのか? NPO法人ファザーリング・ジャパン主催のセミナーで、青野社長の講演を聞いてきた。

猛烈な"働きマン"が育休取得したきっかけはTwitterだった!?

サイボウズの青野慶久社長

青野社長が登場したのは「IT業界で働くパパ・ママのためのセミナー」。IT業界の後輩たちが熱心に聞き入るなか、話は育休取得の意外なきっかけから始まった。

「育休取得前はまさに『仕事バカ』でした」。青野社長が目標としているのは「サイボウズを世界に一番使われているグループ会社にすること」。その目標を実現するため激務に没頭する日々。終電の時間を気にせず働けるよう近くに住み、ずっと自転車通勤を続けているという。

転機を迎えたのは今年2月。長男が生まれ、その頃、自分の住む文京区の 成澤廣修区長(44)が2週間の育休取得を宣言したことを知った。「Twitterで(区長の育休取得について)つぶやいたところ区長にフォローされ、そのうち一緒に飲みに行こうということになったんです」。成澤区長から「企業の人もぜひ育休取得を」と勧められた社長。「会社の宣伝にもなりそうだし、おもしろそうだし」と"なりゆき"で心を決めた。一部上場企業の社長の育休取得とあって、反響は大。その反響で改めて「まだ(男性の育休取得は)メジャーじゃないんだなあ」と感じたそうだ。……つづきを読む

熱心に話を聞くIT業界のパパ・ママ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 猛烈な"働きマン"が育休取得したきっかけはTwitter
(2) 「自分みたいのが社長やっていいのだろうか」

人気記事

一覧

2016年7月29日の運勢

イチオシ記事

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ