【ハウツー】

「Adobe Photoshop CS5」新機能徹底攻略 -「スポット修復ブラシツール」編

 

「Photoshop」の最新バージョン「Adobe Photoshop CS5」。Photoshop CS5に搭載された魔法のような新機能をピックアップし、その有効な使い方を紹介していく。今回は、「スポット修復ブラシツール」を使ったテクニックを紹介。

「Adobe CS5」体験版はこちらから

今回は、画像に写り込んだ不要なものを簡単に消す「コンテンツに応じた塗り」を説明しよう。なお、「コンテンツに応じた塗り」の機能に関しては、こちらの記事も参考にして欲しい。

「コンテンツに応じた塗り」を使う2つの方法

「コンテンツに応じた塗り」は、画像内から不要なものを消し去り、その背景を補完する機能。いわゆる「電線消し」と呼ばれる作業を行うもので、2種類の使用方法がある。 ひとつは「スポット修復ブラシツール」を使う方法、もうひとつは選択範囲を作成してから「塗りつぶし」機能を使って塗りつぶす方法だ。使い分けとしては、広い面積を一気に消したいときは「塗りつぶし」、細かいところを編集したいときは「スポット修復ブラシツール」となる。今回はスポット修復ブラシツールの使い方を紹介する。

「スポット修復ブラシツール」で不要なものを消す

下の画像に写り込んでいる赤と白の鉄塔を消してみよう。空にかかる部分はシンプルで消しやすいが、鉄塔と緑の境目の処理がやや面倒。しかしPhotoshop CS5の新機能「コンテンツに応じた塗り」では、簡単な操作で鉄塔を除去できる。ここでは、処理の対象となるエリアが比較的せまいので、「スポット修復ブラシツール」を使うことにする。

元の画像

まずは、ツールボックスから「スポット修復ブラシツール」を選択。オプションバーの「種類」から「コンテンツに応じる」をクリックして選択する。これで、不要物を消したあとの背景処理が、「コンテンツに応じた塗り」となる。続いて、オプションバーの「ブラシピッカー」アイコンをクリックしてブラシピッカーを開き、ブラシの直径サイズを調整しよう。ブラシピッカーには、サイズを指定する「直径」のほか、ブラシのぼかし具合を指定する「硬さ」という項目がある。「コンテンツに応じた塗り」を使うときは、ぼかしのない数値、つまり100%に近い数値に設定した方がきれいな仕上がりとなるようだ。処理時間も短くてすむ。

「スポット修復ブラシツール」を選択

「コンテンツに応じる」を選ぶ

ブラシサイズを調整する

この状態で鉄塔をドラッグして塗りつぶし、マウスボタンから手を離すと、鉄塔の除去と背景の補完が自動的に行われる。

消したいものをドラッグして塗りつぶす

鉄塔が除去された

次回は「塗りつぶし」機能を使い「コンテンツに応じた塗り」を行ってみたい。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、VoLTE対応の「かんたんケータイ」30日発売 - 32,400円
[21:32 7/28] スマホとデジタル家電
岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン

求人情報