【レビュー】

GIMPでフォトから特定のオブジェクトだけを自然に消し去る方法

 

The GNU Image Manipulation Program

Photoshop CS5が提供している便利な機能のひとつに「Content-Aware Fill」と呼ばれるものがある。これは選択した対象を画像から消し去るためのものなのだが、その消し方がすごい。まるで、最初からそこにそれはなかったかのようにまわりの風景を加味した消し方をする。デジカメで撮った写真を使いたいとしても、邪魔なオブジェクトが写っているため使えないとか、わざわざピクセル単位で編集をかけて特定のオブジェクトを消し去った経験があるWebデザイナは少なくないだろう。Photoshopの「Content-Aware Fill」を使うと、それが簡単に完了する。

同様の機能はGIMPにも用意されている。デフォルトの機能ではなく、プラグインで追加する機能だ。「Resynthesizer」と呼ばれる機能で、Ubuntuであれば「sudo apt-get install gimp-resynthesizer」で、FreeBSDであれば「cd /usr/ports/graphics/gimp-resynthesizer/; make install clean」でインストールできる。インストールするとGIMPのフィルタ/マップの項目に新しく「Resynthesize...」という項目が追加される。

次に操作の様子を掲載しておく。キャンプ場を撮影した写真から電灯を取り除くというものだ。選択ツールで電灯を選択して、ポップアップメニューからフィルタ、マップ、Resynthesizeを選択するだけでいい。消えたあとの画像だけみていると、そこになにかあったとはちょっと気がつかない。

右下にある電灯を消したい

選択ツールで消したい対象を選択

ポップアップメニューからフィルタ、マップ、Resynthesizeを選択

Resynthesizeを実行後、電灯が自然に消えている

細かい選択をしたい場合は「Ctrl-ホイール」で画像をズームして選択する。また選択に失敗しても大丈夫だ。Ctrlキーを押しながら選択すると、選択した領域を対象からはずし、Shiftキーを押しながら選択すれば、選択した領域が対象に追加される。最初に大まかに選択したら、Ctrl/Shiftキーを使って選択対象を調整すればいい。

編集する前のバーベキュー画像

ウィンナーや野菜のいくつかを消してみた

画像から特定のオブジェクトを消しさりたいというのは、結構頻繁にでてくる要望だ。Resynthesizerはそれを簡単に実現するためのツールとして活用できる。またResynthesizerはオブジェクトの削除のみならず、テクスチャの制作や新しいイメージの制作にも利用できる。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン

求人情報