【レビュー】

iPadで使えるSafari以外のブラウザ4つ

 

Digital Inspiration: A Technology Blog on Software and Web Applications

iPadはホビーで使うデバイスとしてもホームPCとしても、またはビジネスで活用するツールとしても利用できる。今まで思いつかなかったようなさまざまな用途での可能性を提供してくれる。そしてそれを支える最大の理由のひとつが、数多いアプリケーションである。

iPadにははじめからiPad Safariがインストールされているため、ほかのブラウザをインストールして使うことが少ないかもしれない。iPad Safariは優れたブラウザだが、タブの切り替えが素早いとは言い難く、設定も少ない。プライベートブラウジングモードも用意されていない。使い方によっては別のブラウザの方が合っているだろう。

Alternative Web Browsers for iPad support Tabs, Private Browsing and more - Digital Inspirationにおいて、iPadで使えるSafari以外のブラウザが紹介されている。どれもiPad Safariが提供していない機能を実装した特徴的なブラウザで参考になる。紹介されているブラウザは次のとおり。

LastPass

LastPass実行例。右に表示されているのは画像表示をブロックした状態での閲覧例

LastPass設定画面。ユーザエージェントを簡単に切り替えることができるほか、画像ロード防止機能もここで設定できる

Safariのように開くタブに制限がないブラウザLastPass。タブはタブとして上部に展開されるため、一旦サムネールに戻る必要があるSafariよりもタブの切り替えが早い。またユーザエージェントを簡単に切り替えることができるため、モバイル専用サイトではなくPC向けサイトを閲覧したい場合などに簡単に操作できる。画像ブロック機能が用意されているため、重量課金での接続や回線の細いネットワークでの利用時などに便利。

TwinWeb

TwinWeb実行例。2つのサイトを同時にみながら作業したいという場合に便利

TwinWeb実行例。横置きにすると横に展開して比較できるようになる

TwinWebはほかのブラウザと比べるとユニークな機能を提供しているブラウザ。ブラウザの画面が縦置きであれば上下に、横置きであれば左右に2つ表示される。2つのサイトを見ながら作業したいという場合に活用できる。

iLunascape

Lunascape実行例。操作がすべて下にまとまっており、日本人好みの扱いやすいUI

Alternative Web Browsers for iPad support Tabs, Private Browsing and moreでは紹介されていないが、iPad向けのブラウザとしてはiLunascapeをはずすことはできない。7月29日にLunascapeから公開されたiPad向けのブラウザiLunascape。

タブを最大6まで開くことができ、さらにそれぞれのタブがアクティブに動作するという特徴がある。ページのスナップショットを撮る機能もありオフラインでも活用しやすい。細かい部分へのこだわりの強い日本において開発されたブラウザであり、細々とした配慮が嬉しい。

Snowbunny

Snowbunny実行例。とてもシンプルなブラウザ

とてもシンプルなブラウザSnowbunny。提供している機能はブラウザとして必要最小限のもの。Snowbunnyの最大の特徴ははじめから終わりまで、すべてプライベートモードで動作している点にある。キャッシュや履歴に残っては困るような場合には、Snowbunnyを起動してブラウザとして利用すればいい。

Alternative Web Browsers for iPad support Tabs, Private Browsing and moreではOpera Miniを紹介していない。シェアやこれまでの経緯を考えると、iPad Safariの代替え候補ナンバーワンはOpera Miniになりそうなものだが、これはまだiPad向けのOpera Miniがリリースされていないためだ。iPad向けのOpera Miniがリリースされた場合にはこれも利用候補に入れておきたい。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事