【インタビュー】

「40歳でみつけた男の夢」 - ヘタレ芸人・山崎邦正、落語家人生を語る

1 東野幸治に勧められた「落語」道

 
  • <<
  • <

1/4

「落語に興味ありますか? 落語家・月亭方正さんのインタビュー取材があるのですが…」。そういわれ「え? つきていほうせい? 聞いた事ないなぁ…」と調べてみたら、なんと、あの「ヘタレ芸人」と呼ばれる(スミマセン)山崎邦正だった!?

というわけで。2つの名前を使い分ける山崎邦正こと月亭方正さんに、お話を伺ってきました。

落語はひとり新喜劇? 落語をはじめたきっかけ

――落語との出会いについて教えてください。

山崎邦正(月亭方正)
1968年2月15日生まれ。兵庫県出身。1988年、デビュー。1991年、第12回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞受賞。以後、テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』、『笑う妖精』などに出演、2009年には舞台『新宿ミッドナイトベイビー』でオカマバーのママ役を好演。一方、2008年より「月亭方正」として活動開始。上方落語協会会員

「実は、はじめて落語をきいたのが3年前なんですよ。それまで落語っていうのは『古典芸能』のひとつとしか捉えてなかったんです。40歳前にして、このままテレビでててもなぁ~なんて色々考えたときに、やっぱり舞台をやらなあかんなぁ、と。

で、新喜劇の座長になろうと思いついて、新喜劇のDVDやらなんやら色々取り揃えて、片っ端からぶわ~っと観てたんです。でも新喜劇っていっぱいヒトが必要でしょう。すぐにやりたくてしょうがないのに、練習しよう思ってもひとりではできない。だからこりゃ俺の性分にあってないかぁと」

――それで、新喜劇ではなく落語…?

「性分的に、すぐやりたいんです。やりたいときに練習したい。こりゃどうしようってことで、松本サン(ダウンタウン 松本人志)らに色々相談してたんです。で、東野サン(東野幸治)と飲んでるときに『山チャン、落語っていうのがあるで』ていわれて。まぁ落語はいっぺんも聞いたことなかったんですけど『いや、おもしろいで。まずは入門として枝雀師匠(桂枝雀)を聞いてみたら?』と薦められたんです。

それで枝雀師匠のCDを借りてきて、初めて聞いたのが『高津の富(こうづのとみ)』。そしたらもう『え? 嘘やろ、こんなオモロいの?』って。そこから枝雀師匠のは全部聴いてDVDも買って。で、もう自分でもやりたくなってきて、DVDの真似して一人で練習して、『あれ? これってひょっとして新喜劇やん』と。落語って、ひとりで新喜劇ができるんですよ。俺がやりたいことってこれなのかもしれん! そう思ったのが3年前」…つづきを読む

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 東野幸治に勧められた「落語」道
(2) 落語界の異色部門、「月亭方正」
(3) 心臓が強くなった、「山崎邦正」
(4) これからも「ヘタレ」はやめません

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリラジ中田の妻・福田萌、第2子妊娠を報告「家族みんなで心待ちに」
[05:00 8/31] エンタメ
中条あやみがアラレちゃんに!Dr.スランプ×GUの新CM、内田有紀や高良健吾も
[04:00 8/31] ホビー
[中条あやみ]アラレちゃんに変身 「ほよよ」
[04:00 8/31] エンタメ
[ラブライブ!]PV集BDがオリコン総合3位 発売初週に5万枚
[04:00 8/31] ホビー
櫻井翔、喉頭がん乗り越えたつんく♂と語り合う - アフラック新CM
[04:00 8/31] エンタメ

本音ランキング