【レポート】

「iPhone 4は初代iPhone以来の"大きな飛躍"」- WWDC10基調講演

1 iPhone 4一色となったWWDCキーノート

 
  • <<
  • <

1/5

WWDC 2010のSteve Jobs氏のキーノートは全体の3分の2以上が「iPhone 4」の説明に費やされた。

同氏はまず、2007年に初代iPhoneを投入し、08年にiPhone 3GとApp Store、昨年にiPhone 3GSをリリースしてきたiPhoneの歴史を振り返り、その上でiPhone 4は「初代iPhone以来の"大きな飛躍"になる」とした。そして「新デザイン」「Retinaディスプレイ」「A4チップ」「ジャイロスコープ」「カメラ」「iPhone OS 4」「iBooks」「iAd」の8つの切り口からiPhone 4を解説。さらに"one more thing……"としてビデオ通話機能「FaceTime」を発表した。

「iPhone 4」は"電話を再定義"した初代iPhone以来の大きな飛躍に

iPhone 4を見せるSteve Jobs氏

デザイン刷新といっても、第4世代のiPhoneについては数カ月前から流出画像がネット上で話題になっていたし、iPhone OS 4でマルチタスクが実現されるものの「ようやく……」という声が聞こえてくる。携帯のビデオ通話にしても、日本国内ではすでに実現している。初代iPhone以来の大きな飛躍といわれても、一見、iPhone 4には初代iPhoneのようなフレッシュさやサプライズは見あたらない。

だが実際にiPhone 4に触れてみると、実に新鮮な体験なのだ。初代iPhoneのタッチUIのような分かりやすい飛躍ではないが、一度体験したら後戻りし難くなる感覚は同じだ。この日のJobs氏の言葉から答えをひろい上げれば、おそらくその魅力は「コンプリートソリューション」である。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) iPhone 4一色となったWWDCキーノート
(2) 9.3mmの薄さを実現 - 本体枠をアンテナ機能の一部に
(3) 960×640ピクセルの「Retina(網膜)ディスプレイ」 - 3GSの4倍
(4) FaceTimeデバイスの爆発的な普及を予告
(5) Appleが追求する「コンプリートソリューション」とは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

樋口大輔の新連載「ホイッスル!W」開幕!2人の主人公が紡ぐ新たなサッカー伝説
[01:20 9/26] ホビー
「orange」アニメ映画化!高野苺の描き下ろし盛り込み、“物語のその後”描く
[01:00 9/26] ホビー
[orange]劇場版アニメが11月18日に公開 原作者の描き下ろしエピソードも
[01:00 9/26] ホビー
空知英秋「銀魂」テレビアニメ新シリーズの放送が決定
[00:00 9/26] ホビー
[都丸紗也華]モンストCMの美女が大胆ビキニ 「ヤンマガ」グラビアで写真集の秘蔵カット公開
[00:00 9/26] エンタメ