【ハウツー】

油たっぷり! ハイカロリー「あぶらめし」レシピ - ツナマヨ&濃厚カレー編

 

あぶらめし企画第1回となった前回は、話題の具だくさんラー油の自家製版やベーコンなどをたっぷりと使い、旨味のあるごはんものを紹介した。今回は、缶詰の定番であるツナ缶をオイルごと使ったり、生クリームやバターたっぷりのカレーライスを紹介する。

教えていただく料理人

ARSON DINING GROUP・グループ統括料理長 羽重憲一さん

東京都出身。23歳で和食の道にすすみ、30歳でバーテンダーだった現オーナーと独立し、ARSON DINING GROUPを立ち上げ。1号店である「金のおでん 羽重本店」(東京・広尾)を2003年に開店。2号店の「おでんダイニング 羽重」(東京・恵比寿)は、テレビ番組『VVV6 東京Vシュラン2』における「30代OLが選ぶおでんランキング」(2006年)で第1位を獲得する人気店に。3店舗目の「京都 まろまろ」(東京・恵比寿)は、京野菜を使ったおでんや創作料理が好評。

オイルごと使った「ツナマヨごはん」

材料(1人前)
ツナ缶 1缶分(約100g) / マヨネーズ 大さじ3 / 濃口醤油 大さじ1 / カツオだしの素 小さじ1/4 / ごはん 200g(茶碗1杯分) / バター 5g / 刻み海苔(またはもみ海苔) 適量

つくり方

  1. ツナ缶は固形部分と油部分に分ける。

  2. ツナの固形部分をボウルに入れ、マヨネーズ、濃口醤油を加えて混ぜ合わせる。

  3. ツナ缶の油部分にはカツオだしの素を加えておく。

  4. 別のボウルにごはんを入れ、バターと3を加えて混ぜ合わせる。これを器に盛る。

  5. 4に2をのせ、刻み海苔をトッピングする。

ごはんにはバターの他、ツナ缶のオイルにカツオだしの素を加えたものでも味をつけている

コンビニおにぎりの定番人気・ツナマヨをヒントに開発された、ツナマヨ&バターのあぶらめし。ツナのオイルとバターでテラテラと光っているごはんがなんとも怪しげ……。しかし、ごはんだけ食べてもツナの味わいがしっかりと伝わってきて、旨味たっぷり。ツナ缶は、ライトやノンオイルタイプではなく、オイルがしっかりと入っているものを使おう。

「バターたっぷり クリームカレーライス」

材料(1人前)
皮付き鶏モモ肉 120g / 玉ネギ 1/4個 / バター 15g / 塩 小さじ1 / 胡椒 小さじ1 / カレー粉 小さじ2 / 生クリーム 200cc / カツオだしの素 小さじ1/3 / 濃口醤油 小さじ1 / 砂糖 小さじ1 / ごはん 200g(茶碗1杯分) / バター(ごはん用) 5g / パセリ(みじん切りまたはドライパセリ) 少々

つくり方

  1. 鶏肉はひと口大にカットし、玉ネギは厚めにスライスする。

  2. 鶏肉、玉ネギ、バターをフライパンに入れ、やや弱火で炒めて塩、胡椒、カレー粉で調味する。焦げ色が付くと仕上がりの色あいが悪くなるので注意。

  3. 鶏肉に火が通ったら生クリームを加える。カツオだしの素、濃口醤油、砂糖を入れ、中火程度で煮詰めていく。

  4. ごはんにバターを加えて混ぜ、器に盛り付ける。

  5. 3が半分程度にまで煮詰まったら、味見しつつ調整し、4にかける。みじん切りのパセリを散らしたら完成。

生クリームや調味料を加えてから半分程度にまで煮詰めると、トロリとした状態になる

バターと生クリームが濃厚なコクを生み出していて、まるでフレンチの一品のようなクリームカレーに。生クリームはできるだけ脂肪率の高いものを使うのが、コクを出すポイント。10分ほどで完成するのに、じっくり煮込んだようなとろりとまろやかな味わいが生まれる。鶏肉の代わりにホタテやエビを使っても極上のシーフードカレーができる。牛バラ肉にするとビーフストロガノフ風にも。本格派のアレンジメニューもぜひ試してみたい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

キャセイ、ボーイング747が羽田からラストフライト--37年の歴史に幕
[17:28 10/1] 趣味
[南明奈]白の肩出しドレスでおなか&背中チラ見せ
[17:13 10/1] エンタメ
声優・福山潤が語る、最終章『亜人 -衝戟-』と中野攻 - 攻は宮野真守ありきで出来たキャラクター
[17:00 10/1] ホビー
「オルフェンズ」は「ヤバイ!!」と細谷佳正がファン目線で大興奮、そして号泣
[16:37 10/1] ホビー
劇団ひとりがコンタクト&ADの進化を講義 - 小園凌央ら2世タレントが学ぶ
[16:30 10/1] エンタメ