【インタビュー】

ユーザーエクスペリエンスで独自性を - 英Sony Ericssonのスマートフォン戦略

1 副社長Steve Walker氏に聞くSony Ericssonのスマートフォン戦略

 
  • <<
  • <

1/3

2月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2010」で英Sony Ericssonは「Xperia X10」をシリーズ化し、「X10 mini」「X10 mini pro」を発表。当面は「Android」を採用したX10を主力としてスマートフォン戦略を展開する方向性を明らかにした。

英Sony Ericssonの副社長兼グローバルマーケティング担当マーケティング事業マネジメントトップのSteve Walker氏は、「これを機に新しい戦略フェイズに入る」と自信を見せている。Steve Walker氏に同社のスマートフォン戦略について聞いた。

3年前より製品ポートフォリオのプランニングを統括するSteve Walker氏

――Sony Ericssonでは、コミュニケーションとエンターテインメントをキーワードに展開していますが、このメッセージについて教えていただけますか?

これまでWalkman携帯やCyber-shot携帯など、エンターテインメント機能、コミュニケーション機能を備えた端末をそれぞれ開発してきた。今後は、(ばらばらだった)エンターテインメントとコミュニケーションを統合して1つにしていく。エンターテインメントとコミュニケーションをブレンドして1つにすることは新しいトレンドだと考えている。われわれは、コミュニケーションに強いEricsson、エンターテインメントに強いソニーの合弁会社なので、これはごく自然の流れでもある。

Xperia X10

たとえばX10では「Signature Application」を取り入れている。これは、Facebook、Twitter、You Tubeなどのサービスを統合し、その上に優れたルック&フィールを構築したものだ。 すべてのイベントを一元的に集めて表示できる「Timescape」、オンライン・オフラインを問わずすべてのメディアを集める「Mediascape」を搭載している。また、「Infinite」ボタンを使えば、ある人物に関連するアクティビティをすべて表示できる。もちろん、Androidの標準アプリケーションにもアクセスでき、「Android Market」からアプリケーションもダウンロードできる。

Sony Ericssonでは、Signature Applicationを含むミドルウェアを総称して「UXP(User Experience Platform)」と呼んでおり、X10はUXPを実装した最初の製品だ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 副社長Steve Walker氏に聞くSony Ericssonのスマートフォン戦略
(2) X10 miniとミニとX10 mini proのコンセプトとは?
(3) 「タッチ」「小型化」その次のトレンドは?

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン