【レポート】

MWC 2010 - NokiaとIntelが「MeeGo」を発表 - MaemoとMoblinをマージ

1 「MeeGo」はモバイルからネット対応TVまで幅広い端末がターゲット

 
  • <<
  • <

1/2

フィンランドNokiaと米Intelは2月15日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2010」にて、最新のLinuxプラットフォーム「MeeGo」を発表した。Nokiaの「Maemo」、Intelの「Moblin」の両Linuxプラットフォームをマージさせるもので、プロジェクトはLinux Foundationでホスティングされる。

この発表は、NokiaとIntelが2009年6月に発表した提携の成果となる。当時2社は、「新しいタイプのデバイス作成でコラボレーション」「ソフトウェア技術の開発」「IntelはNokiaからHSPAと3G技術をライセンスする」といったことを発表したが、具体的な内容については公開しなかった。この日はNokiaのデバイス担当副社長のKai Oistamo氏とIntelのソフトウェアおよびサービス部門担当コーポレートバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャのRenee James氏の両氏が登壇。「提携の成果」としてMeeGoを発表した。

IntelのRenee James氏(左)とNokiaのKai Oistamo氏

MeeGoは、MaemoとMoblinをマージした単一のプラットフォームとなる。Maemoは現在、「Nokia N900」などのスマートフォンやタブレットで利用されており、Moblinはネットブックを中心に約17社のベンダーが端末を作成している。MeeGoでは、モバイル端末からネット対応TVを含む幅広い端末をターゲットにするという。

ソフトウェア開発は、Nokiaのクロスプラットフォーム開発技術「Qt」が主要技術となる。Oistamo氏は「Qtは一度ソフトウェアを作成すると、さまざまなハードウェアアーキテクチャで動く」とし、開発者へのメリットを強調した。QtはSymbianにも対応しており、MeeGoとSymbianという巨大な市場にアピールできる。Oistamo氏はまた、MaemoとMeeGoの互換性にも触れ、「Maemoの次期版(Maemo 6)はMeeGoと完全な互換性を約束する」と述べ、開発者はすぐにアプリケーションを開発できるとした。

開発したアプリケーションの配信チャネルは、Nokiaがアプリケーションストアの「Ovi Store」、Intelが今年1月に発表した「AppUpSM Center」を主要チャネルに挙げている。

Oistamo氏とJames氏はこのほか、ハードウェアメーカーとオペレータへのメリットとして、複数のハードウェアサポート、オープンソースモデルなどのメリットを強調した。だが、MeeGo端末を開発するハードウェアベンダーについてはコメントを避けた。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「MeeGo」はモバイルからネット対応TVまで幅広い端末がターゲット
(2) 「Androidへの回答ではない」、MeeGo背景についてNokiaが説明

人気記事

一覧

新着記事

[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー