【ハウツー】

Webプログラマ待望の最新版「Firebug 1.5.0」を試してみた!

1 Firebug 1.5.0リリース - 注目の更新箇所は

  • <<
  • <

1/8

20日(米国時間)、Firebugの最新版であるFirebug 1.5.0がリリースされた。FirebugはFirefoxアドオンのひとつで、閲覧しているWebページのHTMLやCSS・JavaScriptを解析するWebデバッガだ。Firebug 1.5.0ではブレーク機能に関する機能が大幅に追加され、より直感的にデバッグが可能となった。概要やアップグレードの手順については「Firebug 1.5.0、登場」に詳しくまとめられているので併せて参照されたい。

おもな更新点は次のとおり(「Firebug 1.5.0、登場」より引用。詳細はリリースノートを参照)。

  • 機能拡張されこれまででもっとも堅固なインスペクタ機能
  • 新しいデバッグ機能「ブレークオン」の導入
  • MathMLおよびSVGネームスペースのサポート
  • HTML編集機能の改善
  • Netパネルのタイミング表示をより正確なものへ改善
  • XHRにおけるブレーク機能
  • NetパネルおよびConsoleパネルへPersistボタンを追加
  • スタイルサブパネルの分離

これら更新点のなかからいくつかをピックアップして、さっそくチェックしていこう。本稿でピックアップした更新箇所は次のとおりだ。

  • インスペクタ - クィック情報ボックス
  • コンソール/コマンドライン - 「持続(Persist)」ボタンの追加
  • HTML - サイドパネルの「レイアウト」にz-indexおよびposition情報の追加
  • HTML - 属性/要素の変更・削除時にブレークを設定できるように
  • HTML - 「ボックスモデルを色づけ」機能の有効/無効が選択できるように
  • CSS - 短縮プロパティの展開機能
  • DOM - プロパティ変更時にブレークを設定できるように
  • 接続 - 「持続」ボタンの追加
  • 接続 - XHR Breakpoints
  • 接続 - カラムのカスタマイズが可能に
  • ツールバー/メニュー - 検索UIの機能強化

なお、ここでの動作環境は次のとおり。

  • OS: Mac OS X 10.6.2
  • Firefox: 3.5.7
  • 機能比較用: Windows XP SP3 / Firefox 3.5.7 / Firebug 1.4.5
  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) Firebug 1.5.0リリース - 注目の更新箇所は
(2) インスペクタ機能の更新点 - クィック情報ボックスの追加
(3) コンソール/コマンドラインの更新点 - 「持続」ボタンの追加
(4) HTMLパネルの更新点
(5) CSSパネルの更新点 - 短縮プロパティの展開機能が追加
(6) DOMパネルの更新点 - プロパティ変更時にブレークを設定できるように
(7) 接続パネルの変更点
(8) ツールバー/メニュー - 検索UIの機能強化

もっと見る

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報