【インタビュー】

鈴木杏、22歳の私だから伝えられること - 舞台『奇跡の人』

1 実は"言霊家庭"なんです

 
  • <<
  • <

1/3

三重苦の少女ヘレン・ケラーと、彼女に真正面からぶつかり、「奇跡」を起こした家庭教師アニー・サリヴァン。誰もが知る二人を描いた、ウィリアム・ギブソンの『奇跡の人』は、1959年にアメリカで初演されて以来、世界中で上演され続けている戯曲である。今回、難役・サリヴァンに挑むのは、2003年、初舞台でヘレン役を演じ、「すっかり舞台にはまりました」と語る鈴木杏さんだ。

鈴木杏
1987年4月27日生まれ。東京都出身。B型。ドラマ『金田一少年の事件簿』(1996年・日本テレビ系)、『青い鳥』(1997年・TBS系)出演など、小学生時代よりテレビ・映画にて活躍。初舞台『奇跡の人』(2003年)でヘレン・ケラー役に挑戦。同年に第26回日本アカデミー賞 新人俳優賞・話題賞をW受賞。以後、蜷川幸雄演出作品への出演のほか、映画出演も多数。オフシャルブログ「杏のよりみちカフェ
撮影:糠野伸

――初舞台で出演した作品に、6年後、別の役柄で出演する心境を教えてください。

鈴木杏(以下、鈴木)「感慨深いです。初舞台で、ヘレンを演らせていただいたことはとてもラッキーだったと思っていますし、同じ作品に、今度はサリヴァン役で出演できることはそれこそ"奇跡"的なこと。不安やプレッシャーはもちろんありますが、今回の挑戦が、私の女優人生のひとつの転機になるのではないかとも感じています」

──今回、サリヴァン役のオファーがあったときの率直な感想は?

鈴木「いや、もう嘘でしょう? といった感じでした。お話をいただいた瞬間は、大興奮して喜びでいっぱいだったのですが、だんだん落ち着いてくると、座長を務めるのも、自分よりも下の年齢の俳優さんとがっつりタッグを組むというのも初めての経験ですし、少し不安な気持ちになってきました。ちゃんとしなくちゃいけないなという思いを強くしています」

──サリヴァン役にはもともと興味があったのですか?

鈴木「そうですね。なかなか知られていないので驚かれる方が多いと思いますが、ヘレンに出会ったとき、サリヴァンは二十歳だったんです。ヘレンの家族は、あまりに若いサリヴァンに、ヘレンの教育を任せることに不安を感じたというエピソードもあるほど。そのサリヴァン役を、人間として不安定な時期の若手の俳優が演じ、まだ動物的だったヘレンとがっつり向き合うことはおもしろいのではないかと漠然とは感じていました。友達に、二十代前半でサリヴァン先生ができればいいなと夢物語的に話したことはあるのですが、本当に実現できるとは思っていなかったですね。

うちは結構、"言霊家庭"で、ぽろっと言ったことが叶ったりすることがよくあるんですよ(笑)。『ハムレット』出演後に、母が、『(藤原)竜也くんと杏の『ロミオとジュリエット』を観たい』といったのが実現したり。何かやりたいことがあったら、口に出してみるものですね(笑)」……つづきを読む

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 実は"言霊家庭"なんです
(2) 大竹しのぶさんは"少女のような人"
(3) 自分なりの"新しいサリヴァン像"を

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・竹達彩奈、3rdアルバムを11/2にリリース! テーマは「二次元」
[18:00 7/23] ホビー
「アイドリッシュセブン」ラバーマスコット3弾、IDOLiSH7とTRIGGERから6人登場
[17:03 7/23] ホビー
JR東日本「旧型客車かもしか号」中央本線にレトロな臨時列車 - EF64形牽引
[17:02 7/23] ホビー
松本テマリ「今日からマのつく自由業」完結、ASUKA付録は「おそ松」メモ帳
[15:42 7/23] ホビー
[菜々緒]ヌーディーカラーのミニドレスで美脚披露
[15:19 7/23] エンタメ

本音ランキング