【レビュー】

iidaの秋冬モデル「PLY」が登場 - その"積み重ね"を解きほぐす

1 コンセプトモデルがiida新端末として登場

  • <<
  • <

1/3

カドケシなどで有名な神原秀夫氏が手がける「PLY」が、9月17日に発売となった。同機種はKDDIの新ブランド「iida」の第2弾ラインナップにあたり、5つの層をなした外観やタブキーなどが特徴。内蔵コンテンツなども、神原氏がコーディネートしている。では、この端末の魅力はどこにあるのか。デザインや使い勝手、機能などを検証し、PLYの真髄に迫った。

brown、pink、blackの3色展開

ペーパークラフトのコンセプトを見事に再現したデザイン

この機種のデザインは、KDDI DESIGNING STUDIOなどで開催された「PLY-ケータイの層-」展が下敷きになっている。この展示会ではPLYの原型となるケータイのペーパークラフトが展示さていたが、製品版を見る限り、コンセプトの根本的な部分は変わっていないことが分かる。マルチメディア機能が凝縮された無線機器であるがゆえに、さまざまな制約を受けるケータイで、ここまで原点を貫いたデザインは珍しい。層が6から5に減っていたり、キー部分が通常のスライドになったりと、細かな変更点はあるものの、美しくインパクトのある外観はそのまま。特徴的なタブも、しっかり製品版に受け継がれている。

「PLY-ケータイの層-」展で披露されたペーパークラフトのコンセプトモデル

こちらが製品版

また、側面の層は1段1段が均等で、横から見ると、どこがスライドするか分からないほどだ。側面には充電ジャックのカバーがあるものの、タブの横に配置されているのであまり違和感はない。塗装も工夫されており、色味もほかのパーツとほとんど同じだ。

層をなしたデザインが印象的なPLY

筆者が初めて端末を触ったときは、どこに充電器を挿せばいいのか迷ってしまった。それだけ、外観の完成度は高い。背面にもこの思想は受け継がれており、電池パックの"ツメ"がなくフラットな仕上がりとなっている。カメラやスピーカー部分も平らで、デザインの痕跡が見え隠れする。

フラットな背面は、デザインを重視した端末らしい仕上がり

ただ、卓上ホルダで充電するための接点は、あまり美しいものではない。ここまでフラットな形状にしたのなら、あえて充電はジャックからのみにするなどして、金属パーツは見せないでほしかった。また、液晶側筐体の背面にはスライド用のレールが見えている。最近のソニー・エリクソン端末などでは、極力この部分を隠すようにしている。メーカーが違うとはいえ、PLYにもそのような処理がふさわしかったのではないか。普通の端末ではあまり気にならないかもしれないが、全体のデザインが優れているだけに、外観ではこの2点が少々気になった。

液晶側筐体の裏のスライドレールが見えてしまうのは残念

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) コンセプトモデルがiida新端末として登場
(2) 画面デザインと入力装置の使い勝手をチェック
(3) 機能面でPLYを評価 - ワンセグの使い勝手は?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事