【インタビュー】

Flashアニメ作家 青池良輔が語る「クリエイティブとツールの関係」

1 日本では、チーム体制でのFlashアニメ制作も体験

国領雄二郎  [2009/09/25]
  • <<
  • <

1/2

ひとりの作業も共同作業も出来なくては駄目

青池良輔
1972年、山口県出身。大阪芸術大学映像学科卒業後、カナダに渡り映像ディレクター、プロデューサーとして活動。その後、Flashアニメで様々な作品を発表。短編アニメやCFを多数手がける。代表作はDVD『CATMAN』(2008年)、『ペレストロイカ ハラペコトリオの満腹革命』(2008年)など。『藤子・F・不二雄のパラレル・スペース DVD-BOX』(2009年)では、谷村美月主演の実写作品「征地球論」の監督と脚本を担当。森永アロエヨーグルトのWebサイトで、最新Flashアニメ『BABY&GIRL アロ恵』公開中。全国のTOHOシネマズで本編前に上映されている短編『紙兎ロペ』では、アニメーション制作を担当

マイコミジャーナルにて連載中の「創作番長クリエイタ」でおなじみのカナダ在住Flashアニメ作家 青池良輔が日本に一時帰国。精力的に作品を創り続ける青池が、新作やツールについて語り尽くした。

日本に一時帰国した青池だが、カナダ以上に多忙な日々を送っているようだ。

「日本に帰国してから、とにかく忙しいですね。契約上、表に名前の出ないFlashアニメ作品にいくつか関わっています。こないだ手掛けた企画では、14人のFlashアニメーターと仕事をしました。僕は絵コンテを作るまでで、実作業はしていません。監督という立場ですね。元々、ひとりでFlashアニメを創り始めたのですが、最近はそういう共同作業も増えています」

ひとりで作品を創るというスタイルを基本にしていた青池。彼にとって共同作業でFlashアニメを作るという制作体制も必要なもののようだ。

「コツコツひとりで作るのも楽しいし、人を集めて大きな仕事をするのも楽しい。どちらも出来ないと駄目ですし、どちらも好きですね。クリエイターは自分の出来ない事を早く知る事が大事なんです。出来ない部分は他の人に頼めばいいんですから」

かわいいキャラクターと色彩が印象深い青池の新作Flashアニメ『BABY&GIRL アロ恵』。この作品はどういう体制で制作されたのだろうか?

「この作品はあくまでも、商品紹介用のPR作品で、完全なオリジナル作品ではありません。脚本は広告代理店の方が書かれていて、キャラデザインと動画を僕が担当させていただきました。『キャラがかわいい』という声が多く、子供にも楽しんでもらえる様に作っているつもりですが、制作途中の動画コンテの段階では、僕が自分の太い声でアフレコしてたので、親戚の子供は怖がってました(笑)」

『BABY&GIRL アロ恵』

脚本以外の部分を青池が担当

魅力的な絵を描く青池だが自身の絵には、未だ満足していないようだ。

「絵は自信ないですね(笑)。ごまかし、ごまかし、やっているという感じです。手が遅いので(笑)。僕の場合は、いかに作画を効率よくできるかとか、どうしたらスムース に絵がかけるかとかそっちに頭がいきがちになってしまいます」

そう語る青池には、長年温めている新作のアイデアがある。

「全身タイツのキャラクターを使ったFlashアニメをずっと考えているんですよ。全身タイツを着た自分を動画撮影して(笑)、それをFlashに連番の動画で入れて、1フレームごとにベクター化しながら、シルクスクリーンのように一版ずつ重ねるという気の遠くなるような事をやってたんですが、最近は、別のアプリケーションも併用して使うことで違う表現ができるんじゃないかと思い始めています」

まだ、制作の手法で模索を続けているという青池。彼は『創作番長クリエイタ』で物語の作り方や、ツールの選び方など、創作に関して様々なアドバイスをクリエイターを目指す読者に発信している。そんな青池が今回、ツールに関して語ってくれた。

次のページでは、青池良輔が自身のツールに関して語る

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 日本では、チーム体制でのFlashアニメ制作も体験
(2) クリエイターのツールには適材適所がある

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ
相鉄いずみ野線、南万騎が原駅周辺地域の住民満足度は - 相鉄不動産が調査
[05:33 6/27] ホビー
西武鉄道・新宿プリンスホテル、電車好き子供と家族の限定宿泊プラン発売へ
[05:23 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで行く婚活ツアー10/22開催 - 海老名駅から乗車し箱根へ
[05:15 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで江ノ島へ「メトロ湘南マリン号」「湘南マリン号」運転
[05:06 6/27] ホビー