【ハウツー】

プロクリエイターがこっそり教えるPhotoshopの極上Tips集(上級編)

1 描画モードで合成する、背景の色を変えるための準備をする

  • <<
  • <

1/3

「Photoshop」のTipsは覚えれば覚えるほどに応用が利いてくるというもの。一見、難しそうに思える表現も、方法さえ身につけてしまえば「使えるワザ」として蓄積されていきます。今回お届けするのは書籍『プロがこっそり教えるPhotoshop極上テクニック』(橋本篤生著/弊社刊)より、初級中級、上級と3回にわけて、覚えておきたいテクニックをお伝えしています。今回は上級編、「風景と透明なボトルの自然な合成」の表現をお伝えします。なお、画像とテキストは本書より抜粋で、すべての画像はクリックすると拡大画像が見られます。

「Photoshop CS4」、「Photoshop Elements 7」体験版ダウンロードはこちらから
「Adobe CS4」ご購入はこちらから

上級編--「風景と透明なボトルの自然な合成」を表現する

合成する2枚の画像。左は風景写真、右はボトルの写真

最終的な画像

草木の向こうにある噴水の景色を撮影した時、なぜか行ったこともない南の国の風景を思い浮かべていました。画像を明るく伸びやかな土地をイメージした色に変えて、水の貴重さをガラス瓶を配して表現してみました。「fair trade」と「ethical」というメッセージもボトルに込められたようにしました。

今回のテーマ 「描画モード」をマスターする

[描画モード]とは、下になっているレイヤーとどのように合成するかを指定する機能です。[描画モード]を変更することで、通常とはまったく異なる画像が作成されます。それぞれの[描画モード]の特性を理解することで、的確にイメージする画像を仕上げることも可能です。 [描画モード]には、[通常][ディザ合成][比較(暗)][乗算][焼き込みカラー][焼き込み(リニア)][カラー比較(暗)][比較(明)][スクリーン][覆い焼きカラー][覆い焼き(リニア)-加算][カラー比較(明)][オーバーレイ][ソフトライト][ハードライト][ビビッドライト][リニアライト][ピンライト][ハードミックス][差の絶対値][除外][色相][彩度][カラー][輝度]があります。 例えば、[除外]は、部分的に画像を反転させてアナログ感を演出することができます。この作品では[スクリーン]を使うことによって、黒バックで撮影した被写体を切り抜くことなく、黒だけを消し去っています。さらに、[ベタ塗りレイヤー]などで[描画モード]を変更することで、通常の色調補正では考えられないようなカラー変化も可能になります。 [レイヤー]パネルで切り替える他に、[レイヤースタイル]でも[描画モード]は使用されます。特に[レイヤースタイル]では、[描画モード]を詳細に設定することでオリジナルな表現が可能になります。 [スタイル]パネルから適用した[レイヤー効果]に含まれている[レイヤースタイル]のダイアログを開いて、そこで使われている[描画モード]を見てみましょう。プリセットでの使われ方を確認するのが、[描画モード]を使いこなすための一番の近道かもしれません。


手順1「2つの画像を描画モードで合成する」

1、背景とする画像を開きます
2、次に、ボトルの画像を開きます。黒の質感を極力出さないために、反射のほとんどない黒ウールペーパーを敷いて撮影しました。商品撮影のような完成されたライティングによる撮影ではなく、適度に自然な写り込みのある画像です
※なお、黒ウールペーパーは大きな文房具店等で手に入れることができます

1、ボトルの画像を背景とする画像に配置していきます。command(Ctrl)+Aキーで[すべてを選択]し、command(Ctrl)+Cキーでコピーします。※またはCキーを押しながら(移動ツール)で背景とする画像にドラッグします
2、背景とする画像をアクティブにして、command(Ctrl)+Vキーで[ペースト]します

1、[レイヤー]パネルで[描画モード]を[スクリーン]に変更します
2、ボトルの画像が背景の画像にとけ込むように表示されます


手順2「背景の色を変えるための準備をする」

1、背景の色を変えます。ここでは少し変わった方法で独特の色調にしてみましょう
2、[背景]レイヤーをダブルクリック
3、[新規レイヤー]ダイアログでそのまま[OK]をクリック
4、[背景]が[レイヤー0]に変わります
5、さらに[描画モード:ハードライト]と変更します

1、調整レイヤー[グラデーション]を作成する準備をします。ツールボックスで[描画色を設定]をクリックして、[カラーピッカー(描画色)]ダイアログを開きます
2、[R:88][G:142][B:194]と設定
3、[OK]をクリック
4、同様に[背景色を設定]をクリックして[R:128][G:135][B:0]と設定
※ダイアログでは、tabキーを押していくと効率良く入力できます


手順3「描画モードで合成する」

1、[レイヤー]パネルで[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリック
2、[グラデーション]を選択
3、ダイアログで[クリックでグラデーションピッカーを開く]をクリック

1、[グラデーションピッカー]で[描画色から背景色へ]を選択
2、[OK]をクリック
3、背景の画像が、グラデーションで覆われました
4、[レイヤー]パネルを見ると、[グラデーション1]レイヤーができています

1、[レイヤー]パネルで[レイヤー0]を[グラデーション1]の上に移動します
2、前の操作で[描画モード]を[ハードライト]にしていたので、このように背景画像の色調が変わります

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 描画モードで合成する、背景の色を変えるための準備をする
(2) テキストを入力する、レイヤースタイルを適用する
(3) 2番目のテキストを入力する、テキストの変形を調整して完成!


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事