新FlashファミリがWeb開発のワークフローを変える - Adobeエバンジェリスト (1) FlexかFlashか? ブランド変更の狙いは

ニュース
トップ

【インタビュー】

新FlashファミリがWeb開発のワークフローを変える - Adobeエバンジェリスト

1 FlexかFlashか? ブランド変更の狙いは

杉山貴章  [2009/07/13]
  • <<
  • <

1/3

6月2日、Adobe SystemsはAdobe Flash Platformのさらなる進化を実現する3つのツールのベータ版をリリースした。「Adobe Flash Builder 4」「Adobe Flash Catalyst」、そしてオープンソースで提供される「Flex 4フレームワーク」である。Flash Builderはこれまで「Flex Builder」という名称だったが、第4世代のFlexフレームワーク(Flex 4)に対応するに辺り「Flash」のブランド名を冠するよう変更された。一方、Flash CatalystはAdobeの従来製品にはなかった新しいタイプのデザインツールであり、デザイナとデベロッパをシームレスにつなげる新しいワークフローを実現できるものだとされている。このFlash Catalystはこれが初のパブリックベータ版である。

Adobe Systems Iberica(スペイン・バルセロナ)でグループマネージャ兼プラットフォームエバンジェリストを務めるEnrique Duvos氏。旧Macromedia出身のソフトウェア アーキテクト

今回、この3製品のリリースを含むAdobeの製品ポートフォリオ戦略や、デザイナや開発者に与える影響、今後のリリースプランなどについて、同社でシニア プラットフォーム エバンジェリストを務めるEnrique Duvos(エンリケ デュボス)氏にお話を伺った。

まずFlex BuilderからFlash Builderに名称を変更したことについて、同氏は2つの狙いをその理由として挙げている。ひとつはフレームワークとツールのブランドを明確に分けるということ。Flexが誕生してすでに数年が経過しており、"Flash"だけでなく"Flex"単独のブランドも十分に認知された。そこでBuilderやCatalystなどのツールは"Flash"ブランドに統一し、"Flex"ブランドはその基盤となっているフレームワークに対するものとして設定し直したとのことだ。これによって、従来のFlexユーザにとってFlashの名称が身近になるというメリットもある。

もうひとつの狙いは、Flexを利用するアプリケーション開発者にとって、オープンソースのフレームワークと商用ツールの区別が付きやすくすることである。アプリケーション開発者にとって、自分の利用したい環境がオープンソースなのか有償の商用ツールなのかを把握することは極めて重要だ。そこで、ブランド名を明確に分けることによってその区別を容易にすることを狙っているという。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) FlexかFlashか? ブランド変更の狙いは
(2) Catalystで実現する新しいワークフロー
(3) フィーチャーの追加は優先度を考えながら
関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報