【レポート】

"CSS3/HTML5、各ブラウザはどこまで対応?" を、確かめられる「Modernizr」

1 検出可能な機能をチェック

  • <<
  • <

1/3

Webブラウザが次世代規格に対応しているかを一発検出

Faruk Ates氏は7月3日(米国時間)、Modernizr Version 0.9をリリースした。Modernizrは次世代規格であるCSS3の各種プロパティが有効かを検出するためのライブラリ。デベロッパは同ライブラリを使用することで、実行中のWebブラウザが次世代規格の機能に対応しているかを簡単に検出・確認できるようになる。

Version 0.9の時点で検出可能な項目は次のとおり(リリースノートより抜粋)。

  • Canvas
  • rgba()
  • hsla()
  • border-image:
  • border-radius:
  • box-shadow:
  • Multiple backgrounds
  • opacity:
  • CSS Animations
  • CSS Columns
  • CSS Gradients
  • CSS Reflections
  • CSS Transforms
  • CSS Transitions

なおCanvasとCSS Columnsについてはごく基本的な実装のみで、のちのリリースで機能強化・テスト項目の追加をおこなうとのことだ。

ミニファイされた状態でおよそ6kbほどの軽量なJavaScriptライブラリ。導入も簡単で気軽に試せそうだ。CSS3やHTML5の機能をいろいろなWebブラウザで試している方は、導入を検討してみてはどうだろうか。本稿では複数のWebブラウザ上での、Modernizrの動作結果を紹介しよう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 検出可能な機能をチェック
(2) Hello, Modernizr!
(3) Modernizr実行結果まとめ


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事