【レビュー】

「Intel Core i7-975」を試す - ステッピング移行とクロック向上の効果検証

1 すべての現役Core i7を徹底比較

  • <<
  • <

1/22

6月3日、IntelはCore i7のラインナップに、新たに3.06GHzのCore i7-950と、3.33GHzのCore i7-975 Extereme Editionを追加した。これに先立ち今年2月には、Core i7のD-Steppingが追加されたり、5月にはC-Steppingが製造中止になるといったニュースが出ている。まぁ製造中止といっても、12月までは製品が出荷されるから、当面はローエンドの920からハイエンドの975 Extremeまで5製品が並ぶ形になる。このあたりをちょっとまとめたのが表1だ。そんなわけで、今回はハイエンドの975のみならず、ミドルレンジにあたる950まで含めて性能を見てみることにした。

■表1
動作周波数 QPI Link Stepping TDP 価格
定格 Turbo 1bin Turbo 2bin
Core i7-920 2.67GHz 2.8GHz 2.93GHz 4.8GT/s C 130W $284.00
D
Core i7-940 2.93GHz 3.07GHz 3.2GHz C $562.00
Core i7-950 3.07GHz 3.2GHz 3.33GHz D $562.00
Core i7-965 3.2GHz 3.33GHz 3.47GHz 6.4GT/s C $999.00
Core i7-975 3.33GHz 3.47GHz 3.6GHz D $999.00

Photo01: 今回はES品なので、表面のS-Specの記載は全く不明。

さて、パッケージそのものは従来とまったく変わりが無い(Photo01)。裏面も全く同一だが、そもそもTDPが130Wで同一だから、このあたりは変わらないのかもしれない。実際、965と並べてみたとき、その違いはごく一部だった(というか、これはES品の話であって実際の製品では区別が無いかもしれない)(Photo02~05)。

Photo02: 裏面のコンデンサの配置も全く一緒。ちなみに左が965、右が975

Photo03: S-Spec以外に一箇所だけ違いがあり。完全に間違い探しの世界(シリコングリスがついてるとかそーいう話ではない)。

Photo04: 975はパッケージ下側(ヒートスプレッダの切れ目の部分)に二次元コードのみ。

Photo05: 965は二次元コードの脇に数字が。

ちなみにD-Steppingの製品はすでに2月からリリースされており、各社のマザーボードもこれに対応したものになっていると思われる。DX58SOの場合も、全く問題なくCPUを認識した(Photo06)。CPU-Zでの認識も正常(Photo07)である。見かけ上はSteppingが4→5(RevisionがC0→D0)に変わった程度だが、Core Voltageが965の時は1.2Vほどだったのが975では0.9V程度に落ちており、このあたりが消費電力にも若干関係しているのかもしれない。

Photo06: あっさり3.33GHzと認識したはいいが、何故か認識文字列が"Core i7 9750"。ひょっとして製品名が変わるのかと思って問い合わせてみたが、そーいう話ではないようだ。単にES品のミスなのかもしれない。

Photo07: これはTurbo Boostで周波数が1bin upで3.47GHzになってしまっている様子。以前の965の時もやはり1bin upの3.33GHz動作になっているのが判る。

  • <<
  • <

1/22

インデックス

目次
(1) すべての現役Core i7を徹底比較
(2) 今回のテスト環境
(3) ベンチマーク(1/19) - Sandra 2009 Engineer Edition(1/3)
(4) ベンチマーク(2/19) - Sandra 2009 Engineer Edition(2/3)
(5) ベンチマーク(3/19) - Sandra 2009 Engineer Edition(3/3)
(6) ベンチマーク(4/19) - RightMark Memry Analyzer 3.8(1/3)
(7) ベンチマーク(5/19) - RightMark Memry Analyzer 3.8(2/3)
(8) ベンチマーク(6/19) - RightMark Memry Analyzer 3.8(3/3)
(9) ベンチマーク(7/19) - PCMark Vantage v1.0
(10) ベンチマーク(8/19) - SYSmark 2007 Preview Version 1.05
(11) ベンチマーク(9/19) - Intel Optimized SMP LINPACK Benchmark package
(12) ベンチマーク(10/19) - CineBench R10
(13) ベンチマーク(11/19) - POV-RAY v3.7 beta 32
(14) ベンチマーク(12/19) - 3DMark Vantage v1.0
(15) ベンチマーク(13/19) - Game Benchmarks
(16) ベンチマーク(14/19) - TMPGEnc4 XP 4.7.1.284 英語版
(17) ベンチマーク(15/19) - MainConcept Reference+H.264/AVC 1.6.1
(18) ベンチマーク(16/19) - 消費電力(1/4)
(19) ベンチマーク(17/19) - 消費電力(2/4)
(20) ベンチマーク(18/19) - 消費電力(3/4)
(21) ベンチマーク(19/19) - 消費電力(4/4)
(22) 結論

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事