【レビュー】

ワークステーションの魅力が詰まる - レノボ・ジャパン「ThinkStation S20」

1 ワークステーションらしい堅牢なボディ(1)

 
  • <<
  • <

1/6

レノボ・ジャパンが発売した「ThinkStation S20」は、Nehalemアーキテクチャの新Xeonを搭載するワークステーションだ。新型CPUをいち早く採用しただけでなく、業務用途に向けたワークステーションの魅力が詰まった製品になっている。

主な仕様  [CPU] Intel Xeon E5530(2.40GHz)  [チップセット] Intel X58 Express  [ディスプレイ] なし  [グラフィックス] NVIDIA Quadro FX1800  [メモリ] 2GB  [HDD] 250GB  [OS] Windows Vista Business SP1

ワークステーションらしい堅牢なボディ

パーソナルコンピュータ(PC)の性能底上げにより、ワークステーションとの差が小さくなったと言われて久しい。実際、性能面ではワークステーションに匹敵するようなPC製品も少なくない。企業でも安価なPC製品をワークステーション代わりに導入しているところもあるだろう。しかし、ワークステーションという製品ジャンルはいまだに存在する。そこに当然、価値があるからだ。

レノボ・ジャパンが発売したThinkStation S20も、そうしたワークステーション製品である。箱から取り出してまず感じるのは、その重厚な作りだ。最近では珍しいスチールを使ったケースはずっしりと重い。また側面カバーには鍵も取り付けられている。こうした作りは、ケース内に取り付けられたHDDなどの盗難防止に効果がある。重要データを扱う業務用途としては当然なされるべき配慮だ。

側面カバーには鍵が取り付けられており、ハードウェアの盗難を防ぐ。一方で鍵が開いていればノッチ一つで簡単に取り外せるメンテナンス性も兼ね備えている

この、鍵を付けて堅牢性を高めている側面カバーは、一方でノッチ一つで簡単に開くようにもなっており、メンテナンス性も大事にされていることが分かる。また、一見して分かる取っ手は大きく持ち運びに便利だが、取り外しも可能だ。必要なときだけ取り付けて持ち運びしやすいようになっているのだ。

側面カバーを開けた状態。ケーブル類は非常にスッキリ配線されており、通気性が良さそうだ

この持ち運びという点に関しては、ケース内も細かいところで非常に気を遣った作りになっている。例えば、拡張カードの脱落防止カバーもその一つだ。一般的なPCの拡張カードは、ブラケット部をネジ留めするだけの、いわば片留めの状態だ。もちろん、これでも拡張カードは簡単に脱落したりはしないが、製品購入直後や組織のレイアウト変更などの運搬時に接触が悪くなってトラブルになることはある。

拡張スロット部には、脱落を防ぐカバーを備えている

シリアルATAケーブルにも似たような配慮は施されている。ケーブルのコネクタ部に金属のロックを備えたものを使用しているのだ。シリアルATAコネクタも、PCではわりと外れやすい部分だ。そのためにこうしたロック機構が仕様として盛り込まれているが、実際にこうしたケーブルはコスト高になるため、メーカー製品でも一部にしか採用されていない。

シリアルATAコネクタは金属製のロックを備えたもの。シリアルATAは3基の空きが用意されている

いずれもコストの面では不利だが、万が一のトラブルを防ぐために盛り込まれたものだ。何より、信頼性を大事にするという、ワークステーションらしい配慮といえる。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) ワークステーションらしい堅牢なボディ(1)
(2) ワークステーションらしい堅牢なボディ(2)
(3) ワークステーションらしい堅牢なボディ(3)
(4) Nehalem世代の新XeonとQuadroを採用(1)
(5) Nehalem世代の新XeonとQuadroを採用(2)
(6) 業務用途に向けた性能傾向

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[福山雅治]黒柳徹子とのメアド交換告白 パパラッチ役に手応えも
[13:07 10/1] エンタメ
[来週のべっぴんさん]第1週「想いをこめた特別な品」 ヒロインの“原点”? 病気の母のため思い込め…
[13:00 10/1] エンタメ
「イノベーション」を目的に引っ越したヤフー、こだわりの中身は?
[13:00 10/1] 企業IT
石原さとみ、ドラマ情報彫刻された"赤鉛筆アート"に「地味にスゴイ!」
[13:00 10/1] エンタメ
ギョエー!楳図かずおグッズ通販サイト開設、複製原画の手渡しイベントも
[12:41 10/1] ホビー