【インタビュー】

韓流恋愛ドラマの決定版『スターの恋人』 - チェ・ジウ&ユ・ジテに直撃インタビュー!

 

韓国がアジアに誇る韓流スター、チェ・ジウ主演のドラマ『スターの恋人』(WOWOW 毎週金曜20:00~22:20 2話ずつ放送)が、5月1日からスタートした。日本の奈良・飛鳥で出会った男女のラブストーリーを描く同ドラマに主演したチェ・ジウとユ・ジテに話を聞きながら、作品の魅力に迫っていく。

『スターの恋人』

日本でも人気のチェ・ジウが主演したドラマ『スターの恋人』。チェ・ジウが自身とダブるスター役を好演して韓国で大きな話題を集めた。チェ・ジウが演じるアジアのトップスター女優イ・マリと、貧乏な小説家志望の大学講師キム・チョルス(ユ・ジテ)が偶然出会い、しばらく一緒に暮らすこととなる。マリに出会ったことでチョルスの人生もこじれ始め、彼の人生が劇的に変わっていく。

日本において約1カ月にわたるロケが行われた

チェ・ジウを筆頭に、本作では韓国を代表する俳優が出演したのも特徴的。チェ・ジウの相手役を務めるユ・ジテは、『バイ・ジュン~さらば愛しき人へ~』(1998年)でのデビュー以来、映画界で活躍している演技派スターだ。俳優業のかたわら、これまで3本の短編映画を監督した才能の持ち主でもある。今後の活躍に期待が高まるイ・ギウ、2007年のクォン・サンウ主演『悪い愛』に抜擢されて注目を集めている新鋭女優チャ・イェリョンらが脇役を固めるなど、豪華なキャスト陣で話題を呼んだ。また、本作は、約1カ月の日本ロケを敢行し、第4話まで日本を舞台にした物語が展開。奈良女子大学記念館や東大寺、奈良公園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどが登場し、ドラマを盛り上げている

チェ・ジウ インタビュー

チェ・ジウ

チェ・ジウが演じるのは、アジアのトップスター女優、イ・マリ役。万人を虜にする魅力は、彼女自身を思わせる役柄でもある。

――イ・マリにどのような魅力に惹かれてこの役を引き受けましたか?

チェ・ジウ「外面は派手な女優ですけど、内面的な痛さと真実な愛を求めるところに愛着が湧き、この役を引き受けました」

――日本の飛鳥地方など約1カ月間日本ロケが行われたそうですが、どんな印象をお持ちになりましたか?

チェ・ジウ「飛鳥地方は凄く穏やかで、古風的。昔を思い出すような場所ですね。心が落ち着くし、風景がとても綺麗でした。韓国ドラマが好きな日本の方々にも日本ロケでは助けて頂きました。お蔭様で無事に撮影を終えることができましたよ。心のこもったお菓子や食事など、私はもちろんスタッフも凄く感動しました。本当に感謝しています」

――撮影を終えた感想をお聞かせ下さい。

チェ・ジウ「マリを演じていて、本当にマリになったような気分になりました。笑うときに一緒に笑い、泣くときには心が痛む……。マリというキャラクターは、時間が経っても忘れられないと思います。そんなマリの画面から見える部分だけじゃなく、彼女の心の奥や感情の変化なども、じっくり見て頂ければ嬉しいですね」

――ドラマの見どころはどんなところにありますか?

チェ・ジウ「きれいな映像、そして私が女優の役なので、変化する姿を見て欲しいですね。恋に発展する感情の変化も見逃せません。事件や事故など、劇的なシーンはありませんけど、俳優陣の細かい感情の変化をたっぷりと楽しんで頂けると思います」

――最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

チェ・ジウ「マリを自分から切り離すのはとても寂しいですが、5カ月間マリとして生きたことはとても幸せでした。本当にマリになったと錯覚するほどです。今後は新しい作品で女優チェ・ジウとしてご挨拶したいと思いますので、引き続きこれからの活動にも多くの愛と関心を寄せて下さい。皆さん! 愛してます!」

ユ・ジテ インタビュー

ユ・ジテ

チェ・ジウの相手役となるのが、韓国で演技派として知られるユ・ジテ。意外にも本作がドラマ初出演だが、小説家志望の大学講師のキム・チョルス役を好演している。

――初めてのドラマはいかがでしたか?

ユ・ジテ「撮る方法は映画と同じですが、媒体の特性は違うと思います。映画はフリーランサーで、ドラマは放送局の方が撮りますね。ドラマは映画に比べて仕事が多いし、責任感と義務があります。その反面、映画は情熱的で挑戦的なところがありますね」

――日本での撮影はどうでしたか?

ユ・ジテ「日本は映画のPRでもよく行っていますし、留学とまでは言いませんが勉強をしていましたから、慣れ親しんだ場所ですね。飛鳥地方は百済の文化遺産が少しあり、韓国と似ていましたが、日本独特なものもあって、飛鳥ならではの雰囲気が良かったですよ」 ――本作では、どのような点を注意して演じましたか?

ユ・ジテ「私は演技をする時、常に後悔しないように、心残りがないようにすため情熱的に臨みます。今回もそういった点を注意して演じました。最後まで頑張った作品ですよ」 ――チェ・ジウとイ・マリは似てますか?

ユ・ジテ「すごく似ていると思います。既にチェ・ジウはスターですから外面的な面はすごく似ているし、本人が持っている可愛いところや綺麗なところをうまく表現してメロ演技をしています。それがまたチェ・ジウの魅力だと思いますね。今回はジウ姫の泣くシーンがありますが、本当に泣く演技が上手でした(笑)」

――日本にファンにメッセージをお願いします。

ユ・ジテ「『スターの恋人』は最善を尽くして作った作品です。本当にいい作品ですので、たくさんの方に見て頂き、楽しんで欲しいですね」

『スターの恋人』は、WOWOWで(毎週金曜 20:00~22:20 全20話※2話ずつ放送)放送中。

(c)2008 SBS/Olivenine Co.Ltd/DENTSU INC/Brainsnetwork Co.Ltd

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー
[錦織圭選手]銅メダルの自信をもって“今年の目標”の全米へ
[22:46 8/30] エンタメ
至福の一皿も!山崎童々、グルメマンガ発売イベントでツレヅレハナコと語る
[22:32 8/30] ホビー
「SUPER LOVERS」2期のティザービジュアル公開、公式サイトもリニューアル
[22:29 8/30] ホビー

本音ランキング