【レポート】

IDF Beijing 2009 - Core i5/i3 Updateと若干のLarrabee情報

1 Larrabeeはちょっとだけ

  • <<
  • <

1/5

毎年恒例となっているIDFことIntel Developer Forum。元々IDFはWorld Wide IDFとLocal IDFに分かれており、World Wide IDFは全世界から参加者(とプレス)を集めて大々的に3~4日掛けて行う一方、Local IDFはその開催国の参加者(とプレス)を集めて、1~2日という小規模に開催される。一番ピークの頃は、World Wide IDFが年2回(何れもアメリカ)、Local IDFが10カ国近くで開催されたと記憶しているが、景気退行やこうしたイベントの効果が薄れてきた事もあり、ここ数年Local IDFの数がどんどん減っていった。それとは別に2007年より、春のWorld Wide IDFを(中国重視という観点からか)中国で開催することになっていたが、Intelも大幅な減益状況になり、しかも急速に復帰する見込みが立たないということもあってか、遂にWorld Wide IDFは年1回になり、今年は北京に戻ってのIDF Beijing 2009はLocal IDF扱いとなってしまった。

そんな事もあってか、今年はTechnical Sessionの数は僅かに29。そのうち5つはQ&A Trackなので実質は24となる。5つのTrack Roomで午後一杯を使い、50分のTrackを5つというレベルだから、余り深い話は無く、Technical SessionのPresentationを楽しみにしていた筆者としてはちょっと残念である。

Photo01: Gelsinger氏の左脇にあるのがLarrabeeのダイだそうだが、Webcastの画面ではもう単なる丸い板にしか見えない。

基調講演では概ね新しい話はなく、Larrabeeのダイが公開された(Photo01)ほか、製品の出荷が2009年末~2010年と予告されたり(Photo02)、Larrabeeのプログラミングに利用されるCtが、2009年中には開発ツールでサポートされるとか(Photo03)の話題も出たが、今回はほんの触りだけ。詳細はGDCに持ち越し(Photo04)という事であった。

Photo02: 目新しい話は出荷時期のみと言っていい。

Photo03: Ctについてはこちらを参照。そういえばCtについてはこれまでレポートを書いた事が無かった。

Photo04: おそらくはGDCのタイミングでまた西川善司氏あたりが詳細なレポートを上げてくれると期待したい(筆者はGDCに参加予定無し)。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Larrabeeはちょっとだけ
(2) Nehalem and Westmere Update(1)
(3) Nehalem and Westmere Update(2)
(4) Nehalem and Westmere Update(3)
(5) Nehalem and Westmere Update(4)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事