【レポート】

KDDI、法人向けFMC「KDDIビジネスコールダイレクト」開始 - 端末も2機種投入

1 4月15日より法人向けFMC「KDDIビジネスコールダイレクト」を提供

 
  • <<
  • <

1/3

KDDIは21日、法人向けの新たなソリューションとして、固定・携帯で音声定額通話が可能な「KDDIビジネスコールダイレクト」を4月15日から開始すると発表した。これに伴い法人向け新端末「E05SH」「E06SH」(いずれもシャープ製)を提供する。新端末は、マイクロソフトの.NET Frameworkのサブセットに対応しており、携帯電話上で.NET対応アプリケーションが動作可能。

KDDIビジネスコールダイレクトは、同社が2008年9月に発表した法人向けFMC(固定と携帯の融合)サービス。今回、提供日と価格が明らかになった。

同サービスでは、同一法人内で事前登録したau携帯電話とKDDI提供の固定電話サービスの間で、携帯を内線電話として利用できる。内線通話による携帯・固定間の通話を定額で利用でき、内線番号を使用してau携帯を呼び出したり、内線通話を携帯電話で受けたりできる。

au携帯を使っても内線通話になるので料金は定額。しかも、社外のどこにいても、内線番号で発着信できるのがKDDIビジネスコールダイレクト

外出先であっても携帯で内線電話が受けられることで、社員の携帯呼び出しが内線通話になるため通信コストが削減できる。導入時は、既存のPBXを活用できるため、新たな設備投資が不要という点もメリットとなる。

サービス提供に当たってKDDIでは、PBXできちんと動作するかどうかメーカーと検証を続けている。すでに多くのPBXメーカーがこれに賛同、各社のPBXでの動作を確認したとしている。

料金は、初期登録料が1グループごとに10,500円、番号初期登録料が1つの固定番号、1つのau携帯用内線番号ごとに1,050円。月額料金は1グループごとに基本利用料2,100円、au基本利用料が1回線ごとに945円などとなっている。

料金と賛同するPBXメーカー

すでに新日本有限責任監査法人と日本IBMが導入を決めており、KDDIは「幸先のいいスタートが切れた」と説明。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 4月15日より法人向けFMC「KDDIビジネスコールダイレクト」を提供
(2) 法人向け新端末「E05SH」「E06SH」を投入
(3) BREWアプリ上で動作する.NET互換のプラットフォーム「.net by au」
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

美味しさは、飲んでみないとわからない - 全自動エスプレッソマシンを試せる「デロンギ 表参道」オープン
[07:00 9/30] スマホとデジタル家電
ねこのはなしをしようか 第26回 猫用おやつ
[07:00 9/30] 趣味
『モーツァルト音楽王』アマチュア枠優勝の女子高生に注目「スゲーうまい!」
[07:00 9/30] エンタメ
市川由衣、第1子出産に喜び「愛おしくてたまらない」「お母ちゃん頑張る!」
[07:00 9/30] エンタメ
小児科医が回答! 子どもの病気、危険のサイン 第5回 熱性けいれんの対処法は?
[07:00 9/30] ライフスタイル