【レビュー】

パナソニック LUMIX DMC-G1 実写インプレッション

1 マイクロフォーサーズのこころざし

西尾淳  [2008/12/22]
  • <<
  • <

1/8

パナソニックから初の「マイクロフォーサーズシステム」対応のレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」を発売した。非常にコンパクトでユニークなカメラだ。DMC-G1はオープン価格だが、実売価格はボディのみが約7万7,000円、「LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」が付属したレンズキットが約82,000円、さらに望遠ズーム「LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-F5.6/MEGA O.I.S.」を加えたダブルズームレンズキットが約11万3,000円で販売されている(価格はマイコミジャーナル「価格情報の12月10日現在の平均価格)」。

DMC-G1はレフレックス(反射)機構を持たないため、正しくは一眼"レフ"カメラではありませんが、話が複雑になるため、ここではレンズ交換式の一眼カメラを「一眼レフカメラ」と総称しています。

デジタルの時代が求める必然的なカメラ

「DMC-G1」は一見ユニークに見えるが、非常に意欲的であり、よく考えると必然的なカメラである。マイクロフォーサーズの発表会で繰り返し説明されたのは、現在のデジタル一眼レフはコンパクトカメラユーザーにとってまだまだ重く、難しいという点だった。そのためにコンパクトと一眼レフの掛け橋になるようなカメラが必要であるとも。

持ち運んで使用するカメラにとって、「小型・軽量」は最重要ともいえるテーマである。その場所にカメラを持っていかなければ撮影できないのだから当然だ。過去、フィルムの一眼レフでも、オリンパスの「OM」シリーズなども小型・軽量という特長で人気を博した。

もうひとつ、デジタル一眼レフにとって「ミラー」の存在はやっかいなものだった。ファインダー像を得ることや、位相差式のオートフォーカスなどのために必須となるミラー機構だが、これがあるためにシャッター音やショックが出るというだけでなく、ライブビューの邪魔になるし、連続撮影などの足かせにもなっている。

DMC-G1はコンパクトというだけでなく、ミラーを持たない初のデジタル一眼カメラとなった。ミラーやペンタ機構を無くすことで極端な小型化を可能にし、ライブビュー+EVF(電子ビューファインダー)を搭載した。これはデジタルカメラの進化の方向として、極めてまっとうだといえる。

フォーサーズとマイクロフォーサーズの関係。フォーサーズの特長のうち、小型・薄型化を追求したのがマイクロフォーサーズ

ミラーユニットを無くすことで、大幅なボディの薄型化を可能にした

レンズマウントは6mm小径化。さらに電気接点を9点から11点に増加。増えた分は主にオートフォーカスの制御に使われている

DMC-G1に課せられた責任と選択

ミラーやペンタ部を持たないのだから、スタイルはどのようにでもできたはず。中央を山型に持ち上げる必要はないし、ファインダーをカメラの端に持っていくことも可能だろう。スマートなレンジファインダーのようなスタイルも可能だったはずだ。しかしDMC-G1は一眼レフをそのまま凝縮したような、オーソドックスなスタイルとした。

これはコンサバティブなユーザーが多い一眼レフ市場に合わせたという面もあるだろうが、もうひとつ、DMC-G1がある意味でフラッグシップであるとことも見逃せない。パナソニックは「DMC-L10」もあるが、市場全体の中で絶対的な地位を得ているとはいいがたい。DMC-G1は"パナソニックの一眼レフ"を市場に認めさせなければならないのだ。

さらに、マイクロフォーサーズを一眼レフの一員として認知させる意味もはるはずだ。これがコンパクトに近いスタイルだったら、マイクロフォーサーズはコンパクトカメラのひとつにイメージされてしまう可能性もある。DMC-G1が背負い込んでいる役割は大きいのだ。だからDMC-G1のスタイルはこれでいいと思う。もっと斬新なスタイルが欲しければ、この次のモデルか、オリンパスから登場するマイクロフォーサーズを待てばいい。

せめてもの抵抗がカラーバリエーションだろう。いままで一眼レフといえば黒ばかりで、まれにシルバーが用意される程度だった。DMC-G1は黒のほか、赤と青を用意した。どれもマット調の仕上げで、高級感もある。悪くないと思う。

DMC-G1のボディカラーバリエーション。これは「コンフォートレッド」

同じく「コンフォートブラック」

同じく「コンフォートブルー」

バッテリーもコンパクト。メディアは当然SD/SDHCカード

ハイビジョン用のHDMI端子も装備する

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) マイクロフォーサーズのこころざし
(2) 一眼レフとコンパクトカメラをひとつに
(3) ちまちました感じだが、それを許してしまえるサイズ
(4) ライブビューと接眼ファインダーのEVF
(5) すばらしく高速なフォーカス。ただし暗さと連写には弱い
(6) フォーサーズはそれでも画像がきれい
(7) 少しばかり主張の強い色
(8) いつでもどこでも一眼レフ

もっと見る

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【インタビュー】『僕のヤバイ妻』豊福陽子プロデューサーに聞く"ヤバイ"裏話【後編】- 昨今の人間関係に問題提起「トコトンぶつかり合う夫婦を描きたかった」
[07:00 5/31] エンタメ
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第638回 戦場を戦い抜いた兵士なので
[07:00 5/31] 趣味
三上博史、深夜ドラマ初挑戦!遺産相続専門の弁護士役に決定
[06:00 5/31] エンタメ
若手女優・蒔田彩珠、黒木華主演『重版出来!』出演で「やっぱりすごかった」の声
[06:00 5/31] エンタメ
『テラスハウス』トレンディドラマ展開!? ケンカから急接近で新たな恋の予感
[06:00 5/31] エンタメ

特別企画 PR