【レポート】

「積めるものは全部積んだ」…レノボ、自信のネットブック「IdeaPad S10e」

 

レノボ・ジャパンは3日、同社初となるネットブック「IdeaPad(アイデアパッド) S10e」を発表した。同社は「ThinkPad」ブランドのノートPCを法人向けに提供しているが、IdeaPadでコンシューマ市場に参入する。ホワイト・ブルー・ピンクといったカラーバリエーションを揃え、6日より順次発売。価格は54,800円。

レノボ・ジャパン初のネットブック「IdeaPad S10e」

カラーバリエーション。左から、ピンク、ホワイト、ブルー

台湾ASUSTeK Computerの「Eee PC」で火がついたネットブック市場だが、マーケットの急速な拡大を受け、各社とも無視できない存在になってきている。当初はASUS、GIGABYTEなど台湾勢が先行していたが、ここにきてエプソンダイレクト、東芝、NECなど国内メーカーも製品を投入してきている。レノボ・ジャパンは"後発"といえる。

出遅れた理由について、同社マーケティング&広報本部長・執行役員の原田洋次氏は「市場のニーズを見極めていた」と説明。「満足してもらえて、かつ差別化できるような製品を出したいと考えた。それが値段なのかスペックなのか検討したところ、我々の出した答えはスペック重視。様々な用途に対応できるように、IdeaPad S10eにはいろいろ搭載した」という。

同社マーケティング&広報本部長・執行役員の原田洋次氏

IdeaPad S10eの仕様は以下の通り。CPUこそAtom N270と一般的だが、約5.3時間という長いバッテリ持続時間、ExpressCardスロットの搭載、といったあたりは特徴的と言えるだろう。ExpressCardスロットはネットブックとしては珍しいが、これはモバイル用途として、通信カードの利用を重視したためだという。

■IdeaPad S10eの主な仕様
OS Microsoft Windows XP Home Edition SP3
CPU Intel Atom N270(1.6GHz)
チップセット Mobile Intel 945GSE Express
グラフィック GMA 950(チップセット内蔵)
メモリ 1GB(オンボード/512MB + PC2-5300/512MB) 最大1.5GB
HDD 2.5インチSATA 160GB(5400rpm)
ディスプレイ 10.1型ワイド液晶(1024×576ドット) 光沢あり
有線LAN 10BASE-T/100BASE-TX
無線LAN IEEE 802.11b/g
Bluetooth Bluetooth 2.1 + EDR準拠
内蔵カメラ 130万画素
カードスロット ExpressCard/34、4in1メディアカードリーダー
本体サイズ W250×D196×H22~36mm
本体重量 約1.38kg(バッテリ含む)
バッテリ持続時間 約5.3時間

右側面のインタフェース。ExpressCardスロットがある

左側面のインタフェース。4in1メディアカードリーダーなど

タッチパッドはマルチタッチに対応。ピンチ機能で拡大・縮小操作が簡単

バッテリがはみ出しているために、本体下部に空間が。冷却面ではいいだろう

ACアダプタは小型

HDD容量は160GBと大きい

Lenovoはすでに、海外ではIdeaPad S10というネットブックを販売しているが、S10eはS10をベースに、いくつかの機能を追加したものだ。S10eのみに実装されている機能としては、OSを起動しなくてもブラウザ、メッセンジャー、音楽プレイヤーなどを利用できる「Lenovoクイック・スタート」、アプリケーションをワンタッチで起動できる「Novoボタン」などがある。

起動時に表示される「Lenovoクイック・スタート」

OSを起動しなくてもWEBブラウジングが可能だ

F9の上の赤い矢印のボタンがNovoボタン

Novoボタンを押すとランチャ画面が起動

ベースとなるIdeaPad S10は中国で開発されたものだが、同社ノートブック開発研究所・第二開発部長の城下哲郎氏によれば、IdeaPad S10eは、ThinkPadを開発している大和事業所が主導した製品だという。同社の設計品質基準には、「我々の開発のバイブル」(城下氏)という67文章の規定「Lenovoスタンダード」があり、ThinkPadにはさらに追加の規定が設けられている。S10eはThinkPadと同じ品質基準になっており、生産ラインも同じとのこと。

IdeaPad S10eの開発責任者であるノートブック開発研究所・第二開発部長の城下哲郎氏

Lenovoの開発拠点は世界で3カ所。IdeaPadの開発には、ThinkPadのエンジニアも関わった

このIdeaPad S10eは、同社初のネットブックというだけではなく、同社初のコンシューマ向け製品でもある。同社のThinkPadシリーズには熱心なファンが多く、現在でも個人で利用しているユーザーは多いのだが、製品としてのターゲットはあくまで法人向けだった。S10eで初めてコンシューマ市場に参入するということで、サポート体制を整え、量販店での販売にも力を入れる意向だ。

IdeaPad S10eの位置付け。ThinkPadとは異なり、個人向けとなる

サポート内容。修理製品は4~5営業日で返却できる体制を整えた

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

2016年第2四半期、iPhone出荷台数が前年同期比28.8%増 - IDC
[14:35 9/1] 企業IT
女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン
田口淳之介、ソロアーティストデビュー発表 - 11月にCD発売、初イベントも
[14:25 9/1] エンタメ