【レビュー】

オリンパス E-420 実写インプレッション

1 進化したライブビューの小型軽量一眼レフ

  • <<
  • <

1/8

オリンパスから小型軽量のデジタル一眼レフカメラ「E-420」が発売された。非常に高い人気を得た「E-410」の後継モデルにあたる。E-420の発売日は2008年4月17日。4月末現在、ボディ単体が約5万7,000円、「ED 14-42mm F3.5-5.6」をセットにしたレンズキットが約6万9,000円、「ED 40-150mm F4.0-5.6」も加えたダブルズームキットが約8万6,000円で販売されている(いずれもマイコミジャーナル価格情報の平均価格)。また、E-420に合わせて薄型のパンケーキレンズ「25mm F2.8」も発売された。こちらは約4万円弱で発売されている。

ボディはE-410から継承

このE-420が発売される前、オリンパスの一眼レフラインナップはプロカメラマンの使用を考慮したトップモデル「E-3」、そして一般向けの「E-510」、小型軽量な「E-410」という3台体制だった。E-510とE-410はほぼ同じ機能やスペックだが、大きな違いはE-510が手ブレ補正機構を内蔵していること。そして今回、E-410がE-420に発展したわけだが、当然E-510のモデルチェンジも予想できる。オリンパスの3台体制はもう少し続きそうだ。

E-420はE-410の多くを継承している。129.5(W)×91(H)×53(D)mmのボディサイズは全く変わらず、重さのみ5g増えて380gになった(ボディのみ)。ほぼ同じとしていいだろう。手ブレ補正機構は搭載しないが、相変わらずレンズ交換式一眼レフとしては驚くほど小型・軽量にまとまっている。

有効1000万画素の4/3型「Live MOSセンサー」を搭載し、レンズマウントはもちろん「フォーサーズ」。熟成されたゴミ取り機構「スーパーソニックウェーブフィルター」を装備する。液晶モニターは2.5型から2.7型へと大型化されたが、違和感なく収まっており、指摘されなければ気づかないほど。しかし従来のものより再現色域を広げ、視認性に優れるという。また連写速度も秒3コマから秒3.5コマへ、わずかながら高速化された。

グリップの小さなボディだが、指を引っかける突起が設けられた

液晶モニターはE-410の2.5型から2.7型へほんの少し拡大した

右肩にはシャッターボタンやダイヤルが並び、少々狭苦しい

相変わらずスマートなボディ。ボディサイズはE-410とまったく同じ

コントラスト検出式AFと顔認識を装備

E-410からの大きな違いは、ライブビュー時のオートフォーカスにコントラスト検出式AF(イメージャAF)が採用されたこと。これは撮像素子に写った像そのものからピントを検出するもので、表示を中断せずにピント合わせが可能。AFポイント(AFターゲット)も自由にできる。従来と同じ位相差式AF(全押しAF)も搭載しており、両者を組み合わせた「ハイブリットAF」も可能にした。また、コントラスト検出に合わせ、顔認識機能も搭載した。コンパクトカメラでは一般的になりつつあるが、一眼レフではまだ小数派だ。このあたりは改めて触れたい。

その他、E-420で追加された機能としては、内蔵ストロボがワイヤレスストロボのコントローラーとして使えることが挙げられる。離れたところから同社のストロボ「FL-50R/FL-36R」を発光させられる。TTL調光などの制御はもちろん、最大で3グループがコントロール可能。内蔵ストロボをコントローラーとして使用する場合、光源として同時に使用することはできないが、こんな小さなボディで大きな外部ストロボをコントロールするというのが楽しいではないか。

撮像素子は有効1,000万画素の4/3型Live MOSセンサーを使用する

E-420の透視図。ゴミ取り機構と撮像素子、マウントの関係が特わかる

E-420の横断面図。ほとんど余分なスペースはない

E-420の縦断面図。ライブビューではミラーが上がりっぱなしになる

画像保存メディアはコンパクトフラッシュとxDピクチャーカードの両方が使える

コネクター(ミニUSB)は十字ボタンの下にある

標準レンズもコンパクトだが、パンケーキ25mmはそれ以上

E-420のセットレンズ「ED 14-42mm F3.5-5.6」は、2007年4月、E-410と同時に登場したもので、非常にコンパクト(重さ190g)。ダブルズームキットの「ED 40-150mm F4.0-5.6」はその少し前、2006年11月に登場した望遠ズームレンズだが、14-42mmとほぼ同時に設計されたようで、デザインも非常によく似ている。焦点距離の表記を見ないと14-42mmと間違えそうになるほど。重さも220gしかなく、E-420のコンパクトさをスポイルしない。

ちなみに、E-420に14-42mmを装着してストラップを持ってぶら下げると、カメラがちょうど水平になる。フィルムカメラではよく見られた設計だが、デジタル一眼レフではE-410とE-420ぐらいではないだろうか。

ボディとセットで販売はされないものの、E-420と同時に登場した薄型のパンケーキレンズ「25mm F2.8」がとても魅力的だ。厚さは23.5mmしかなく、コンパクトなE-420を一層引き立ててくれる。レンズキャップは少々脱着が面倒なねじ込み式だが、これも装着時に厚くならないためということなので納得できる。

14-42mmを装着してストラップでぶら下げると、ボディがほぼ水平にになる

E-420と同時発売のパンケーキレンズ「25mm F2.8」

望遠ズーム「ED 40-150mm F4.0-5.6」をE-420に装着した状態

パンケーキ「25mm F2.8」をE-420に装着した状態

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) 進化したライブビューの小型軽量一眼レフ
(2) 価格以上の高級感
(3) 自由度の高い画像再生とカスタマイズ機能
(4) 便利で高機能。現在最も進んだライブビュー
(5) 撮像素子を使ったライブビューだから可能になる顔認識
(6) 飛び抜けたところはないが安心して使える性能
(7) E-3でもなくE-410とも違う絵づくり
(8) E-420の愉しさはE-420でしか得られない

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事