【レポート】

「MacRuby」 - ひさしを借りて母屋を乗っ取るか? Mac OS Xの新たなRuby環境

1 MacRubyとは何か?

 
  • <<
  • <

1/3

Leopardの登場以降、Mac OS Xではスクリプティング言語環境のサポートが活発だ。それは、単に動作環境を標準インストールすることにとどまらず、CocoaやQuartzといった、Mac OS Xネイティブのフレームワークにアクセスする手段が提供されることで、デスクトップアプリケーションを作るための新しい道という位置づけがなされている。Rubyに関するものとしては、RubyからCocoaを含む様々なフレームワークへのブリッジを提供する、RubyCocoaが標準でインストールされている。

そして去る2月28日に、新しいRuby環境が登場したMacRuby である。MacRubyの動機として挙げられているのは、RubyCocoaが抱えている問題を解決する、というものだ。RubyからCocoaへアクセスするという目的はRubyCocoaと同じものだが、その実装のアプローチはかなりユニークで意欲的なものになっている。

果たして、MacRubyの採用した手法は、どのようなものなのか?その実装を、詳しく紹介しよう。単にCocoaにアクセスできるだけでなく、Ruby環境を改善する可能性を秘めていることも分かるはずだ。

MacRubyのダウンロードとインストール

まず、MacRubyのダウンロードとインストールを行おう。

現在、MacRubyはソースコードでの提供となっている。バイナリはないので、自分でコンパイルする必要がある。動作環境は、Mac OS X 10.5.2以降。Intelプラットフォームのみのサポートとなる。

ソースコードは、Subversionリポジトリから取得する。手順は、こちらの「InstallingMacRuby」に記述されている。この手順に従って、Subversionからのダウンロード、バイナリのMakeおよびインストールを行えばいい。さらに、XcodeでMacRubyアプリケーションを開発するための、テンプレートもインストールできる。

MacRubyのバイナリは、/usr/local/bin/rubyにインストールされる。純正のRubyのパスは/usr/bin/rubyになるので、必要に応じて使い分けよう。

ダウンロードしたソースコードをざっと見てみると、Rubyランタイムのソースコードであることに気づく。そこに、MacRuby用の拡張が加えられているのだ。つまり、MacRubyはベースにはRubyのランタイムを使っており、いくつかのポイントでObjective-Cのランタイムを使うようになっている。

ちなみに、ソースコード上での変更箇所は、#ifdef WITH_OBJCでマークされている。これを追いかけて行けば、MacRubyでの変更箇所が分かるだろう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) MacRubyとは何か?
(2) Cocoaの呼び出し方
(3) Ruby環境としての特徴

人気記事

一覧

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー