【レポート】

「MacRuby」 - ひさしを借りて母屋を乗っ取るか? Mac OS Xの新たなRuby環境

1 MacRubyとは何か?

 
  • <<
  • <

1/3

Leopardの登場以降、Mac OS Xではスクリプティング言語環境のサポートが活発だ。それは、単に動作環境を標準インストールすることにとどまらず、CocoaやQuartzといった、Mac OS Xネイティブのフレームワークにアクセスする手段が提供されることで、デスクトップアプリケーションを作るための新しい道という位置づけがなされている。Rubyに関するものとしては、RubyからCocoaを含む様々なフレームワークへのブリッジを提供する、RubyCocoaが標準でインストールされている。

そして去る2月28日に、新しいRuby環境が登場したMacRuby である。MacRubyの動機として挙げられているのは、RubyCocoaが抱えている問題を解決する、というものだ。RubyからCocoaへアクセスするという目的はRubyCocoaと同じものだが、その実装のアプローチはかなりユニークで意欲的なものになっている。

果たして、MacRubyの採用した手法は、どのようなものなのか?その実装を、詳しく紹介しよう。単にCocoaにアクセスできるだけでなく、Ruby環境を改善する可能性を秘めていることも分かるはずだ。

MacRubyのダウンロードとインストール

まず、MacRubyのダウンロードとインストールを行おう。

現在、MacRubyはソースコードでの提供となっている。バイナリはないので、自分でコンパイルする必要がある。動作環境は、Mac OS X 10.5.2以降。Intelプラットフォームのみのサポートとなる。

ソースコードは、Subversionリポジトリから取得する。手順は、こちらの「InstallingMacRuby」に記述されている。この手順に従って、Subversionからのダウンロード、バイナリのMakeおよびインストールを行えばいい。さらに、XcodeでMacRubyアプリケーションを開発するための、テンプレートもインストールできる。

MacRubyのバイナリは、/usr/local/bin/rubyにインストールされる。純正のRubyのパスは/usr/bin/rubyになるので、必要に応じて使い分けよう。

ダウンロードしたソースコードをざっと見てみると、Rubyランタイムのソースコードであることに気づく。そこに、MacRuby用の拡張が加えられているのだ。つまり、MacRubyはベースにはRubyのランタイムを使っており、いくつかのポイントでObjective-Cのランタイムを使うようになっている。

ちなみに、ソースコード上での変更箇所は、#ifdef WITH_OBJCでマークされている。これを追いかけて行けば、MacRubyでの変更箇所が分かるだろう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) MacRubyとは何か?
(2) Cocoaの呼び出し方
(3) Ruby環境としての特徴

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (5) HTML5のコメント記述法
[10:00 8/27] 企業IT
お金の使い方は上手ですか? -「安物買いの銭失い」「ときどき爆買い」
[10:00 8/27] マネー
MF文庫J、8月新刊は9タイトル! 『ノゲラ』『アリア』などの最新巻が登場
[10:00 8/27] ホビー
『マジきゅんっ!ルネッサンス』追加キャスト発表! 主人公役は千本木彩花
[10:00 8/27] ホビー
バージョンアップで人間にまた近づいた? - 進化を続ける「ロボホン」が生活を変える!
[09:00 8/27] スマホとデジタル家電