【レポート】

Macworld 2008 - AppleブースでMacBook Airの薄さを体験

Macworld Conference & Expo基調講演終了後、展示会場がオープンした。もちろん発表されたばかりの「MacBook Air」もAppleブースに展示されている。そこで早速、その薄さと"エアっぷり"を検証してきた。

AppleブースではMacBook Airを「Thinnovation」とアピール

ブースの正面に設置された長い机の上でMacBook Airを体験

Airという名前は、羽のようなイメージからつけられているのかもしれない。ブースの両脇にはMacBook Airが舞い上がるような展示

Appleブースでは正面に数十メートルにおよぶ長い机が設置されており、その上で同社のスタッフの説明を聞きながらMacBook Airを体験できるようになっていた。MacBook Airを間近で見た感想は、パソコンとしては「薄すぎる……」。ペキっと折れてしまいそうで、触れるのも恐る恐るになってしまう。ところが持ち上げてみると非常にがっしりとしているのに驚かされた。外観から受けるイメージよりも重く、「エアってほどでは……」とも思ってしまったのだが、頑丈だから多少乱暴に持ち上げても大丈夫。周りの人が極薄のMacBook Airを気軽に持ち上げているのを見ている分には、たしかにパソコンが舞い上がっているような感じがした。

閉じている状態でも板1枚のような薄さ

開くとさらに薄さが際立つ

本体の剛性が高いため、片手でつまむように持ち上げても大丈夫

キーボードはアンビエントライト付き。本体がしっかりとしているので、薄くてもキーボードがたわむことなく、他のMac同様にタイピングできる

MagSafeはケーブルが後ろ側に出るデザインに

製品のたたずまいは3G iPod nanoに似ている。iMacにHDD搭載のiPodのデザインが息づいているのに対して、こちらはフラッシュメモリー搭載iPodだ。気になったのはバッテリー内蔵という点で、こんなところまでiPodと同じでなくても……と思ってしまった。遊びで使うのならともかく、仕事で使うとすれば予備のバッテリーを持ち歩けないのは心許ない。この点ではiPhoneと同様の非難を浴びそうな気がした。

iPod同様にツルりとした底面。バッテリーはビルトイン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事