【レポート】

Google GEOオールスターズ - 地理関係プロダクト総ざらい

1 世界一のベースマップへ向けて

 
  • <<
  • <

1/3

グーグルは30日、地理関係プロダクト(以下、Google GEO)に関する記者発表会を開催し、Google MapsやGoogle Earthといったプロダクトの最新動向や新たに加わるサービスなどを紹介した。Googleでは、「世界中の情報を整理して、世界中の人がアクセスできて、使えるようにすること」を最終的な目標と定めている。

Google プロダクトマネージャー 河合敬一氏

同社でプロダクトマネージャを務める河合敬一氏によれば、Google GEOは「世界で最も広範囲で役に立つ世界地図をネット上につくること」によって、その目標を"地理的に"実現するためのものだという。

ただし、同社のスタイルは全ての作業を独自に行おうというものではない。Googleが提供しようとしているのはサービスのベースとなる世界一のマップと、その上でコンテンツを作成するための強力なツールだ。Googleの関係者だけでなく、地域の専門家が独自のコンテンツを作り、公開できるようにすることで、情報の規模と精度を上げていこうというのである。ここで言う「地域の専門家」とは、例えばある地域(自分の地元など)に詳しい一般のユーザも含まれる。

1 世界で一番のベースマップを作る

まず、この「世界一のベースマップを作る」という点に対して日々開発が進められているのがお馴染みの「Google Maps」および「Google Earth」だ。Google Mapsでは現在150ヵ国以上のストリートレベルの地図を提供しており、実に地球上の陸地の約30%、人口の約50%をカバーしているという。またGoogle Mapsでは衛星写真および航空写真も公開されているが、これについては日々、最新の写真へのアップデートが行われているそうである。

Google Maps関連ではすでに様々なサービスが展開されているが、その中でも今年5月にリリースされて話題を集めたのが「ストリートビュー」だ。これは街角の風景をパノラマ写真で提供するサービスで、米国の主要5都市でスタートして現在は15都市をカバーしているという。

ストリートビューで街角の様子が見られる

Google Earthでは8月22日に宇宙を見渡す「Sky」ビュー機能が追加された。SkyはGoogle Earth上のある地点から宇宙を眺めた天体マップを表示する機能で、星や星座、星雲、銀河などの情報レイヤーも備えている。また宇宙望遠鏡による高解像度画像を、天体望遠鏡で眺めるかのように楽しむこともできる。

Skyビューで星座を見る

三日月星雲について勉強

今月11日には、YouTube動画にタグ付けされた地名情報を基にGoogle Earth上に動画を配置するYouTubeレイヤーが追加されている。このように、地理コンテンツの基盤となるベースマップは日々進化しているのだ。

Google Earth上にYouTube動画を配置

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 世界一のベースマップへ向けて
(2) 誰でも使える地図を簡単に作れるように
(3) SkechUp日本語版、Picasa新サービスをリリース
関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

王道青春ラブ「4月の君、スピカ。」6巻発売、直筆の生下絵を100名に進呈
[22:30 9/26] ホビー
京急電鉄11/19ダイヤ改正 - 品川駅での着席機会向上、下りウィング号も変更
[22:23 9/26] ホビー
ヒロミ、中居の"女性との風呂経験ゼロ"発言に「だからお前未熟なんだ」
[22:22 9/26] エンタメ
「ジョジョ」吉良吉影のネクタイ再現したドクロ柄の「KIRA's tie」
[22:01 9/26] ホビー
Apple、開催中の「Apple Music Festival 10」のハイライトシーンを公開
[21:59 9/26] パソコン

求人情報