【ハウツー】

ゼロからはじめるLightWindow 2.0 - Flashムービーも表示できるAjaxライブラリ

1 ゼロからはじめるLightWindow 2.0 - ムービーやPDFも表示できる多機能ライブラリ

 
  • <<
  • <

1/11

LightWindow 2.0とは?

LightWindow 2.0はAjax(非同期通信処理)を利用して画像を表示するライブラリです。同じ種類のライブラリとしてはLightBoxやThickBox、GreyBoxなどがあります。その中でLightWindowは最も高機能なライブラリに位置しています。ページや画像だけでなくQuickTimeムービーやFlashムービー、PDFや他のサイト表示など非常に多くのデータをページ内に表示させることが可能です。

LightWindow 2.0はこのURLにあるページからダウンロードすることができます。

LightWindow 2.0公式サイト

ページの一番下の方にある「lightwindow.zip(v2.0)」と書かれた文字をクリックするとダウンロードが行われます。

lightwindow.zip(v2.0)をクリックする

ダウンロードされたファイルはZIP形式になっているので解凍します。解凍すると以下のファイル構成になります。

解凍後の状態

ここで必要になるファイルはcssフォルダ内のlightwindow.cssファイル、javascriptフォルダ内のprototype.js、scriptaculous.js、effects.js、lightwindow.jsです。scriptaculous.jsはeffects.jsファイルを読み込むためのものなので直接effects.jsファイルを読み込んでも問題ありません。

  • <<
  • <

1/11

インデックス

目次
(1) ゼロからはじめるLightWindow 2.0 - ムービーやPDFも表示できる多機能ライブラリ
(2) LightWindow 2.0を使う
(3) サムネイル画像の表示
(4) 複数写真の表示
(5) グループ化して表示する
(6) 日本語で表示するようにする
(7) オプションを指定する
(8) 他のページを表示する
(9) FlashムービーやQucikTimeムービーを表示する
(10) プログラムで制御する
(11) 時間経過によって自動制御

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事