【レポート】

Dreamforce 07 - "Platform as a Service"を実現する「force.com」

1 ユーザーが作るイノベーション

  • <<
  • <

1/4

米Salesforce.com主催の年次ユーザーカンファレンス「Dreamforce 07」が9月17日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコ市内で開催されている。今年で5回目となるDreamforceだが、参加者が8000人と過去最大規模となり、非常に大きな盛り上がりを見せている。マチュア(成熟)という領域には到達していないものの、現在のIT業界を牽引しているテクノロジードライバーの1人ということもあり、その勢いと熱気を感じるイベントとなった。

SaaS(Software as a Service)市場の雄として知られるSalesforce.comは、GoogleやAmazon.comなどと並んでWeb 2.0の中核を成す企業だ。同社創業者で会長兼CEOのMarc Benioff氏自身が「メインフレームやクライアント/サーバに続く、オンデマンド時代のイノベーター」と述べるように、エンタープライズ分野での技術リーダーのポジションにある。急成長を続ける同社だが、その秘密はユーザーやパートナーが増えるごとに強化されていくプラットフォームにある。

サービスを利用するユーザーは、Salesforce.comが用意したホスティングサービスを介してアプリケーションを利用し、データの保存や呼び出しを行っている。すべてのアプリケーションやロジックはこのインフラ上に蓄積され、アプリケーションのカスタマイズやコンポーネントの構築で、日々プラットフォームが強化されている状態だ。これまでカバーできなかった領域やソリューションも、いちどユーザーがアプリケーションや部品を構築すれば、以後は別のユーザーがその資産を活用したり、さらにカスタマイズを加えることも可能だ。つまり、ユーザーが増えるごとにプラットフォームそのものが強化される、一種のユーザー参加型コミュニティといえる。ユーザーやパートナーは、このアプリケーションの共有(AppExchange)でさえビジネスにすることができる。

Benioff氏は「われわれがプラットフォームを用意し、ユーザーがイノベーション(革新)を加速する」と説明する。このサイクルが、今後のさらなる成長の加速の可能性へとつながっている。

米Salesforce.com会長兼CEOのMarc Benioff氏。同社の日本市場展開は他国に比べても早期から行われており、今回のイベントの事例紹介でも別格扱いされている。日本からのイベント来場者に対して、Benioff氏は「ありがとう」と日本語で挨拶

小規模から大規模まで、さまざまなサイズの組織を同時にカバーして急成長を続けるSalesforce.com。今回、3万5300のユーザー数と90万契約の達成を報告した。成長率No.1企業として、ソフトウェア企業のトップ20にランクする10億ドル企業を目指す

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) ユーザーが作るイノベーション
(2) 「Platform as a Service」を実現する「force.com」
(3) 「Visualforce」でiPhoneやKIOSK端末用にUIを最適化
(4) 間もなく登場の「Winter '08」のプレビューも


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報