【レポート】

秋葉原アイテム巡り - 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』封切りでも、秋葉原はいつもの秋葉原

 

秋葉原の街全体をにぎわせるアイテムの発売が少ない週となった今回のレポート。それでも完売している商品が多数あり、やはりチェックは欠かせない。突然売っていた、やっと見つかった、余裕だと思っていたら売切れていた……そんな思いをすることが、日常茶飯事なのが秋葉原という街なのだから。

コーエー、プレイステーション 3でも頑張る

前回の『戦国無双 猛将伝3』に続き、コーエーからプレイステーション 3専用ソフト『ブレイドストーム 百年戦争』が30日に発売された。プレイヤーは傭兵隊長として英仏のいずれかの陣営に属し、様々な部隊を直接操作、「ギルド」の依頼を受け、戦場を駆け巡る。ちなみに、今回は「通常版」「プレミアムボックス」「プレイステーション 3(60GB)同梱版」の3種類で発売される。「プレミアムボックス」の中身はというと、ファーストバトルガイド&ビジュアルブック、スペシャルサウンドトラック(全10曲)、特製 - 百年戦争カレンダー、ソフト本体と豪華なセットになっている。アソビットゲームシティでの価格は、「通常版」が7,329円、「プレミアムボックス」が9,480円、そして「プレイステーション 3(60GB)同梱版」は64,980円となっていた。

通常版

プレミアムボックス

プレイステーション 3(60GB)同梱版

店頭での陳列の様子。真ん中にド~ンと。一番力を入れているって感じ

続いては、バンプレストからニンテンドーDS専用ソフト『サモンナイト ツインエイジ~精霊達の共鳴(こえ)~』が、30日に発売開始。人気のサモンナイトシリーズだが、今回はDSで満を持しての登場となった。同ショップでの価格は4,380円。こちらは、バンダイナムコゲームスより、ニンテンドーDS専用ソフト『ONE PIECE GEARSPIRIT』が30日に発売された。このゲーム、ニンテンドーDSならではの上画面と下画面に秘密あり!! 遊べるモードも3種類搭載されている。しかも、最大4人での通信対戦が可能なほか、相手とのカードの交換もできる。友達と対戦したり、ときには協力して極めてみてはいかが? 同ショップでの価格は4,380円。

『サモンナイト ツインエイジ~精霊達の共鳴~』は、店内においても1コーナーを取っての陳列

こちらはパッケージ

『ONE PIECE GEARSPIRIT』は、アソビットゲームシティの1Fレジ付近に、1コーナーを設けての陳列

パッケージ

インターチャネル・ホロンからはニンテンドーDS専用ソフトの癒し系ゲーム『Love Cat Life』が30日に発売された。もう「かわいい」の一言に尽きるこのゲームでは、実に40品種もの子ネコたちが待っている。子ネコの世話はもちろん、ワイヤレス通信で、友人と遊ぶことも可能だ。同ショップでの価格は4,380円。

新作として棚に陳列されていた

この、この視線。あ~何か言いたいんだよね?

スパイクからは、Xbox 360専用ソフト『HITMAN BLOOD MONEY』(ヒットマン:ブラッドマネー)が発売された。世界で最も恐ろしい暗殺者「エージェント47」となり、暗殺任務を遂行していくアクションアドベンチャーゲームだ。同ショップでの価格は6,279円。雰囲気がガラリと変わって、Sweetsからはプレイステーション 2専用ソフト『水夏A.S+ Eternal Name』が発売。元祖のPCゲームからの移植にあたり、OPとEDのムービーが新規収録されたのを含め、より快適な操作が行えるようインタフェースも見直されている。同ショップでの価格は、「オリジナルSuika型カードケース」などのオリジナルグッズを同梱した初回限定版が8,379円、通常版は6,279円。

『HITMAN BLOOD MONEY』。黒い背景が印象的

『水夏A.S+ Eternal Name』通常版のパッケージ。夏らしい向日葵が目印

一部ショップでWiiは売り切れ

さて、順調に市場に出ていたと前回まで報告してきた「Wii」だが、アソビットゲームシティでは完売となっていた。今のところ、入荷時期は未定とのこと。購入の際は、在庫をあらかじめ聞いておくといいかもしれない。

Wii完売のお知らせ

また、ショップによっては「プレイステーション・ポータブル」(PSP-2000)の予約が始まっているようだ。今回のウリは専用ワンセグチューナーでテレビが楽しめたり、外部機器に映像や音声を出力できることだろう。カラーバリエーションは6色で、さらに薄く・軽くなった新しい「プレイステーション・ポータブル」は、9月20日に発売予定だ。確実に入手したいのなら、やはり予約をオススメする。

メーカー希望小売価格は19,800円

専用ワンセグチューナー。PSP-2000専用なので、購入の際は気をつけてほしい。メーカー希望小売価格は6,980円

次世代ディスクでアニメを楽しむ日は近い?

バンダイビジュアルから「Blu-ray Disc」とDVDのセットで、『スチームボーイ』『機動警察パトレイバー2 the Movie』『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』が、24日に同時発売されている。3作品ともストーリー、作画、音楽には定評のある作品。高画質、高音質といわれるBlu-ray Discで楽しんではいかがだろうか。同ショップでの価格は、3作品ともに8,746円。

写真左から『スチームボーイ』『機動警察パトレイバー2 the Movie』『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』。バンダイビジュアルからは、9月にも2作品が発売予定。要チェック!

ジェネオン エンタテインメントから「KOTOKO」のライブDVD『Starlight Symphony -KOTOKO LIVE IN 2006 IN YOKOHAMA ARENA- 』が29日に発売開始。2006年12月1日に横浜アリーナで開催されたライブを収録したもので、当日参加できなかった人も、これから「KOTOKO」を知る人も、ぜひ観てほしい作品だ。ショップの陳列もハンパではなく、いかに人気商品、待望の商品だったかが伺える。同ショップでの価格は6,080円。

『Starlight Symphony -KOTOKO LIVE IN 2006 IN YOKOHAMA ARENA- 』。右が表面、左が裏面

縦に、ずらっとKOTOKOブース

このポップの数!! ショップのスタッフの手作りだ

エイベックス・マーケティングは29日に、『瀬戸の花嫁 -弐-』を発売。今回は第参話から第五話までを収録し、特典CDも付く初回限定版の価格は6,780円(アソビットゲームシティ)。

第参巻の初回限定版ジャケットは、巻(マキ)が飾る

アソビットゲームシティではデモ画面も流されていた

CDは、ランティスから29日に発売された『らき☆すた』の"こなたとパティ"(平野綾、ささきのぞみ)が歌う「こすって! オーマイハニー」と、"小神あきら"(今野宏美)が歌う「三十路岬」に注目。さぞかし、ずらりと店内にならんでいるだろうと思いきや、アソビットゲームシティでは発売翌日で両方完売……「お問い合わせ下さい」とあったのでスタッフに問い合わせたところ、「(とても申し訳なさそうに)うちでは入荷未定です」とのこと。ちなみに価格は各1,200円。

「コスって! オーマイハニー」。写真左がジャケット表面、右が裏面

「三十路岬」。写真左がジャケット表面、右が裏面。ちなみに店内ではこちらの曲がパワープレーされていた

EMIミュージック・ジャパンからは宇多田ヒカルが歌う「Beautiful World / Kiss & Cry」が29日に発売された。劇場公開が始まった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソングで、「Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-」も収録されている。また、「Kiss & Cry」は日清カップヌードルのTVCM『FREEDOM』シリーズのテーマソングとして、大友克洋のアニメとともにご存知の方も多いだろう。アソビットゲームシティでは、CD商品としては珍しいことに1Fに1コーナーをとっての陳列だった。価格は1,260円。

「Beautiful World / Kiss & Cry」ジャケット。白い壁が印象的

アソビットゲームシティの入り口から、すぐに目につく場所に「エヴァ特集」として陳列

ついにあの子に会えた!! でも、結構普通に会えた……

『涼宮ハルヒの憂鬱』から「長門有希 マックス版」が、グッドスマイルカンパニーから再発売された。このアイテムは、6月に発売されたもののすぐに完売となったアイテムの二次生産品だ。帽子とマントとスターリングインフェルノは、劇中劇「朝比奈ミクルの冒険」で活躍した姿。パーツを変えることでカーディガン姿にもなり、「悪い魔法使いVer.」「カーディガンVer.」の両方が楽しめる仕様となっている。PVC塗装済み完成品で、1/8スケール。差し替え用パーツ付属。全高は約220mm。同ショップの価格は5,800円。

「長門有希 マックス版」のパッケージ

コトブキヤ ラジオ会館店では、フィギュアは2Fなのだが、なんと食玩の平台の、しかも真ん中に長門降臨

続いては、コナミから『武装神姫』シリーズから3体のフィギュアを紹介。「寅形MMS ティグリース」「丑型MMS ウィトゥルース」は、彩色済みの完成品(一部組立式)で、各武装パーツ、専用台座と武装神姫アクセスコード(神姫NET用)が付属。この2つを揃えると合体変形が可能で、「ティグリース」に「ウィトゥルース」のパーツを組み合わせると「真鬼王(シンキオウ)」形態になり、逆に「ウィトゥルース」に「ティグリース」のパーツを組み合わせると「ファスト・オーガ」形態にチェンジ可能だ。同ショップでの価格は各3,990円。「EXウェポンセット 建機型MMS グラップラップ」は、フィギュアの素体は入っていないので注意。同ショップでの価格は2,625円となっていた。

写真左から、「ティグリース」「ウィトゥルース」「グラップラップ」

アイズプロジェクトからは、『一騎当千』の「呂蒙子明 ナースVer. ホワイト」と「呂蒙子明 ナースVer. ピンク」が立体化された。どちらもPVC製塗装済み完成品で、スケールは1/7。いずれも2,000個限定生産のため、早めに手に入れたい。グリフォンエンタープライズからは「趙雲子龍 -剣の舞- 」が発売されていた。原作コミック第11巻の表紙イラストをベースに立体化されたもので、付属パーツの付け替えでダメージver.にすることも可能。更に顔パーツも目を閉じているVer.と開眼ver.が用意されている。PVC塗装済み完成品で1/7スケール。全高は約150mm。同ショップでの価格は9,975円。

「呂蒙子明 ナースVer.」。写真だとわかりずらいが、イラストを再現したもので色使いがとにかくかわいい

「趙雲子龍 -剣の舞- 」。ぜひ、ダメージVer.など、色々変えてみたい

そしてPCの同人ゲームから始まり、今やアーケードからプレイステーション 2までと幅を拡げた格闘ゲーム『MELTY BLOOD』から、アルター版の「アルクェイド・ブリュンスタッド」が発売。1/8スケールのPVC塗装済み完成品で、全高は約210mm。ショップでの価格は5,800円となっていた。続いては『メルティブラッド -seriesII-』から、ソル・インターナショナル版の「シエル」が登場。PVC製塗装済み完成品で、全高約180mm。ショップでの価格は5,880円。

アルターの「アルクェイド・ブリュンスタッド」。コトブキヤ ラジオ会館店では、入ってすぐの平台に陳列

ソル・インターナショナルの「シエル」

やまとからは『マクロスゼロ』に登場した「1/60完全変形 SV-51r イワノフ機」が発売。OVA『マクロスゼロ』に主役メカ・VF-0のライバル機で、反統合軍が極秘に開発した可変戦闘機だ。デザインは今までのバルキリーとは違い、旧ロシア軍のスーホイ27をイメージした形状となっている。変形についても、差し換えなしの変形ギミックを実現。更に可動式専用ベースが付属しており、劇中のイメージも再現可能となっている。同ショップの価格は22,890円。

ぜひ手にとって変形させてみたい。マクロスファンにはたまらない一品

続いては、ガンダム系を2種類。バンダイから『機動戦士Zガンダム』より「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1002 MRX-009 PSYCHO-GUNDAM」が発売された。このサイコガンダムは1/144スケール(元々が大きいから、1/144といっても全高は300mm超)で、モビルアーマーからモビルスーツへの変形も可能となっている。同ショップでの価格は10,500円。続いては、『機動戦士ガンダム』より、「ZEONOGRAPHY R-2型ザクEX」が発売。「ロバート・ギリアム」「ギャビー・ハザード」「エリオット・レム」専用の高機動型ザクの3体セット。各種の武装が付属しており、全高約140mm。同ショップでの価格は8,190円。

通称サイコロガンダム。GUNDAM FIX FIGURATIONの中でも大型の商品となる

どうだぁ!! と、言わんばかりの3体セット「ZEONOGRAPHY R-2型ザクEX」

懐かしいところで、バンダイビジュアルから『劇場版 宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス』が、24日に発売(アソビットゲームシティでの価格は、21,480円)に発売された。これにあわせて、バンダイの「1/350 ヤマト」を撮影しようと思いつき、コトブキヤ ラジオ会館店へ。スタッフに無理をいってショーケースから出してもらい、撮影させていただいた。感謝。こちらはすでに完売ということで、在庫なしの状態だった。

ショーケースからわざわざ出していただいた「1/350 ヤマト」

劇場公開30周年記念DVD-BOX。まるで辞書のような重みのあるパッケージ

このほか、アソビットゲームシティの店頭では「もえたん 真夜中のおやつ」が陳列されていた。5種類の「もえたん英単語カード」入り(全10種類)で、価格は800円。

取材の最中にスタッフが一生懸命陳列をしていた「もえたん 真夜中のおやつ」。この下には、ご存知「秋葉王」がならぶ……その前に、撮らせていただいた。感謝

取材を終えて

今回の取材日は30日。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のが公開が迫っていた時期でも、秋葉原は相変わらずの秋葉原で少々拍子抜け。エヴァを全面に押し出した商品展開をするところは少なく、盛り上がりに欠けていたように思える。しかし、既報のとおり、劇場版のスタートは好調である。上記に関しては、秋葉原での劇場公開がないことが一番の大きい要因であろう。また、これまでに数多くのアイテムが発売されている作品なだけに、新商品の展開は容易ではないことも挙げられる。今後は「新劇場版」にあわせた新作のラインナップに期待したい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[小松菜奈]ピンクドレスで大胆“美背中” ファッション誌「MERY」カバーガールに
[20:43 9/28] エンタメ
『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
[ジョジョの奇妙な冒険]なぜ第4部を実写化? 続編製作&海外展開の夢も
[20:24 9/28] ホビー
八葉たちが神子のいない世界で思いを歌う「遙かなる時空の中で3」CD発売
[20:09 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー

本音ランキング