【レポート】

宇宙研一般公開 - 見えてきた「はやぶさ」後継機、早ければ2010年にも打上げ

1 まずは「はやぶさ」後継機の最新情報

 
  • <<
  • <

1/2

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究本部(ISAS)がある相模原キャンパス(神奈川県相模原市)にて21日、施設の一般公開が行われた。ISASは長年、日本の宇宙科学研究をリードしてきた組織で、前身は宇宙科学研究所(こちらも略称はISAS)。この一般公開は旧ISAS時代から続く恒例イベントとなっており、今年も大勢の宇宙ファンや家族連れで賑わった。

相模原キャンパス

ところで、こういった一般公開イベントにはグッズ販売が付きものだが、人気商品は売り切れになってしまう場合も多いので、会場に着いたら、まずは販売ブースをチェックするのがオススメだ。ちなみに筆者は今回、小惑星探査機「はやぶさ」のTシャツを購入したのだが、早々にLサイズはなくなっていた。

今年初登場の「はやぶさ」Tシャツ(1,890円)。前面に大きくプリントされているのが「はやぶさ」だ

その背中を見ると、なんと早くも「はやぶさ2」(左)と「はやぶさMk-II」(右)のイラストが

今年も盛況の「はやぶさ」コーナー

さて、その「はやぶさ」(2010年に帰還予定)であるが、後継機の姿が徐々に明らかになっている。「はやぶさ2」と「はやぶさMk-II」については昨年のイベントでも名前が出ていたが、今年はより詳細な情報が出てきていた(名前がややこしいので整理しておくと、初代と同型機が「はやぶさ2」で、より大型化したものが「はやぶさMk-II」である)。

月・惑星探査推進グループ(JSPEC)のビジョン

「はやぶさ」後継機が目指す小惑星の位置

まずは「はやぶさ2」。小惑星イトカワへのタッチダウンなど、多くの偉業を成し遂げた初代に続く探査機で、イトカワがS型と呼ばれるタイプの小惑星だったのに対し、これとは異なるC型小惑星からのサンプルリターンを目指している。候補としては、すでに「1999 JU3」という天体があげられており、詳細な情報を得るための地上観測も行っているという。

「1999 JU3」の赤外イメージ。イトカワは岩石質だったが、C型はより始原的と考えられている

同型機と言っても、ご存じのように初代「はやぶさ」は様々なハードウェアトラブルに見舞われており、もちろん全く同じにするつもりはない。特に、3つのうちの2つが故障したリアクションホイールについては懸念があるが、これは「はやぶさ」用に改造したことが原因である可能性が高いとのことで、そのまま使用することを考えているそうだ。そして、冗長性を持たせるために、1つ増やして計4基の搭載とする。

こういった改修により、探査機の重量は重くなってしまうが、今は打上げロケットにH-IIAが使えるので、重さの問題はクリアできる。と言うよりも、リアクションホイールの改造も必要最小限の3基しか積まなかったことも重量の制限が厳しかったためで(当時の打上げロケットはM-V)、打上げ能力に余裕ができたことで、ムリをしなくて済むようになったというのが実情だろう。

これが真のはやぶさ、その名もMk-II

そして「はやぶさMk-II」は、イトカワよりも遠方の小惑星を狙うために、より大型化された探査機となる。初代のイオンエンジンは直径10cmだったのに対し、Mk-IIでは直径20cmの「μ20」を採用するほか、本格的なランダー(着陸機)も搭載する予定だ。初代はあくまで"技術実証機"という位置付けだったが、「本来作りたかったものはこの大きさ」と説明員も述べていた。

より大型化される「はやぶさMk-II」。このイラストは今回が初公開とのこと

大きさの比較。左が初代で右がMk-IIだ。太陽電池パネルがかなり大きくなる

このMk-IIでは、P型・D型に分類される小惑星や枯渇彗星の探査を計画している。候補の1つとして小惑星Wilson-Harringtonがあるが、これは枯渇彗星と考えられており、内部には氷が残っている可能性もあるという。ちなみにサンプリングの方法は、初代機のような弾丸式をベースに、複数方式を搭載することが考えられているそうだ。

ところで、はやぶさ「2」にしても「Mk-II」にしても、まだ計画の立案段階で、正式なプロジェクトとしてスタートしたわけではない。当然、国から予算が認められなければ機体の開発もできないわけで、ISASとしては世論を盛り上げて、「はやぶさ後継機はやはり必要」と財務省(場合によってはJAXAも)を説得したいところ。予算不足はいつものことだが、スタッフからは「国民の皆さんからの応援の声があれば」と期待する声が多かった。早ければ、「2」は2010年、「Mk-II」は2018年にも打上げられる計画。

「はやぶさ」への応援メッセージも展示。佐賀県でのイベントで寄せられたものとか。無数のメッセージが貼り付けられている

相模原キャンパス内に、サンプルリターン試料を受け入れるための設備も建設中。「はやぶさ」が持ち帰っていれば、ここで解析される予定だ

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) まずは「はやぶさ」後継機の最新情報
(2) ペネトレータや次期固体ロケットの話題も


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー