【レポート】

中国におけるベンチャーキャピタル - 現状、魅力、そして課題

1 中国は世界2位のベンチャーキャピタル市場に

 
  • <<
  • <

1/4

中国でベンチャーキャピタル(VC)の存在感が増してきている。

VCはこれまでも中国市場で活発な動きをみせてきたが、昨年はこれまでにない活況を呈した。清科集団の報告書によれば、昨年、VCの投資額は17.8億ドルで、2005年よりも51.5%増加した。投資案件数は324件で、同42.1%の増加。一案件あたりの平均投資額は548.6万ドルで、同6.6%増となっている。こうした統計を元に、清科集団は、VCの投資額からだけみれば、昨年中国が米国に次ぐ世界第2位の「VC投資大国」になったとしている。ちなみに、清科集団とはVCファンドなどに情報サービスを提供しながら自らもVC投資を行う機構で、中国国内では高い評価を受けている。

China Ventureは、清科集団よりさらに刺激的なデータを発表している。China Ventureによれば、昨年中国国内で、VCによる投資総額は21.8億ドルだったが、これは対前年比で52.5%も増加したことを意味する。投資案件数は362件で2005年より21.5%増。一案件あたりの平均投資額は603万ドルで、対前年比で25.6%増だった。China VentureはVCに関する調査研究、情報サービスなどを展開し、国内外で強い影響力を持つ。

こうした増勢は今年になっても続いている。China Ventureの最新調査によれば、今年第1四半期の中国におけるVC投資総額は5.2億ドル、投資案件総数は72件で、一案件あたりの平均投資額は720万ドルだ。

4月末には、世界最大級のVCファンドであるKPCB(Kleiner Perkins Caufield & Byers)が、海外で初のファンドを中国で設立した。KPCB中国ファンドは3.6億ドルで、技術、インターネット、メディア、ワイヤレス通信など、高い成長が見込める産業領域のベンチャー企業に投資する計画だ。このほかにも、4月だけで、投資総額1,000万ドル以上のVC投資案件が10数件も確認されている。こうしたことから、VCは中国で依然として積極姿勢を続けており、拡大基調にあると言えるだろう。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 中国は世界2位のベンチャーキャピタル市場に
(2) 主役は海外VCファンドに
(3) 海外VCはTMT、民族系VCは非TMTが中心
(4) 中国VC市場の魅力と課題とは


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー

求人情報