【レポート】

AppleもRuby/Pythonに本気 - OS Xはハッカーに魅力的か?

大野晋一  [2007/03/20]

筆者の周りには未だRubyやPythonがメインストリームであることに疑問を挟むものも多い。しかし、Appleはすでにこれらの言語に本気のようだ。

19日(現地時間)、同社が公開した"Worldwide Developers Conference 2007"(WWDC07)のセッション概要によれば、6月11日から5日間にわたって開催されるWWDC07ではRubyやPythonを扱うセッションが5つある。

なかでも注目されるのがRubyCocoaPyObjCというテクノロジだ。ともにRuby/Pythonを使ってMac OS Xのネイティブアプリケーションを作れるというもの。RubyCocoaに関してはLeopardへの標準搭載が明らかにされている。MYCOMジャーナルでも過去に紹介しているので参考にしていただきたい

ほかにはAppleScriptと同様に、Rubyなどのスクリプト言語を使ってシステム管理を行うといった活用法を紹介するセッションもある。

筆者もAppleが採用したからメインストリームというつもりはない。現在のプライマリ言語であるObjective-Cもメインストリームとはほど遠い。しかし、Rubyで本格的なデスクトップアプリケーションが作れるプラットフォームが提供される。しかも、初期状態で。そして、Cocoaという優れたフレームワークにアクセスできる。この意味は大きいだろう。

また、これにより、Mac OS XはJava・Ruby・Python・Perl・Objective-C 2.0など多岐にわたる言語・開発プラットフォームを出荷状態でサポートすることになる。Mac OS Xは「ハッカーのためのOS」としてより魅力的なものになるだろう。

人気記事

一覧

新着記事

島崎遥香「ジャスミン茶を飲む男性」にキュン! 美術館デートは"邪魔"
[15:03 6/27] エンタメ
黒? ピンク?? 何色のブラジャーを一番多く持っているか女性に調査
[15:00 6/27] ヘルスケア
精神障害の労災請求が過去最多に
[14:50 6/27] マネー
5月のPC国内出荷台数は43万台、出荷金額は392億円
[14:48 6/27] パソコン
アニメ「ハイキュー!!」第3期は10月から、仙台七夕まつりにも登場
[14:23 6/27] ホビー