【レビュー】

もっと速く、もっと遠くへ ~新しくなった「AirMac Extreme Base Station」

1 Mac miniに近づいたボディデザイン

 
  • <<
  • <

1/5

1999年のデビューから7年半、三世代目のApple純正無線LAN中継装置「AirMac Extreme Base Station」が登場した。次世代の無線通信規格IEEE 802.11n(ドラフト版)に対応、従来のIEEE 802.11a/b/gと比較して格段に高速化されたほか、通信範囲も広がった。ベースステーションに接続したUSBディスクを共有する新機能「AirMac Disk」も搭載、Macworld Expoでのアナウンスから発売を心待ちにしていたMacユーザも少なくないはず。今回、アップルジャパンのご厚意により、本製品を試用させていただく機会に恵まれたので、早速レビューを開始してみよう。

本体とパッケージデザインは一新、大きさも外見もMac miniそっくりに

新しくなった管理ツール「AirMac ユーティリティ」

ラウンドからスクエアへ ~一新されたボディデザイン

AirMac Extreme Base Station(以下、AirMac Extreme BS)は筐体デザインを一新、"甘食"やUFOなどと揶揄されることもあった従来の円錐形を捨て、Mac miniと同じ"弁当箱"的な正方形に変わった。縦横の長さは16.5cmでMac mini(16.51cm)とほぼ同じ、排熱の関係で推奨されないこと確実だが、重ねて設置しても違和感ない意匠が採用されている。同時にアナウンスされたApple TVが縦横19.7cmと一回り大きく、ボディカラーがシルバーという事実をあわせると、あえてデザインをMac miniに近づけたものと推測される。

デザインといえば、高さ2.5cmの位置で周りをぐるりと囲む切れ込みが目に付く。切れ込みの高さは約2mm、奥行きは約6mmで、四辺すべてが同じだ。今回試用したマシンは貸与品のため、分解することはできなかったが、切れ込みから内側をのぞき込むと上部にすき間が見えたため、エアフロー用に確保されたものと思われる。なお、動作時に耳を近づけても回転音は確認できなかった。

付属品はあっさりしたもので、Mac miniのものとよく似た外観の電源コードのほかは、管理ユーティリティやドライバを収録したMac / Win対応のハイブリッドCD-ROMと設定ガイドのみ。箱も小さくカバンに収まる程度、たとえ衝動買いしても邪魔になることはないだろう。

背面にはWANポート×1、LANポート(10 / 100BASE-T)×3に加え、プリンタ / ディスク共有に使えるUSBポート×1を装備

裏側から見ると、Mac miniにうり二つ

AirMac Extreme BSの付属品

本体前面にはステータスランプが配置されている

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Mac miniに近づいたボディデザイン
(2) 新しくなった「AirMacユーティリティ」
(3) 高速 & 広範囲な「802.11n」の魅力
(4) 噂の「AirMacディスク」を試す
(5) まとめ ~「野良AP対策」は必須か~

人気記事

一覧

新着記事

『ライオン・キング』実写化が決定! 監督はジョン・ファヴロー
[12:15 9/30] エンタメ
エプソンの最新スマートグラス「MOVERIO」を体験してきた - 映像が見るものから体験するものに変わる!
[12:08 9/30] スマホとデジタル家電
ブラピとアンジー、離婚申請前から家庭内別居していた
[12:03 9/30] エンタメ
椎名桔平、海外長編映画で孤高のヤクザ - 物語は任侠版『ラストサムライ』
[12:00 9/30] エンタメ
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第355回 三年間少しずつ
[12:00 9/30] 趣味