【レポート】

GDC 2007 - SCEが"Game 3.0"を提示、PS3に仮想コミュニティ「Home」

1 ユーザーもゲーム作りに参加する"Game 3.0"

  • <<
  • <

1/2

米カリフォルニア州サンフランシスコで開催中のGame Developers Conferenceで、Sony Computer Entertainment(SCE)がPlayStation 3(PS3)向け3Dオンラインユーザーコミュニティ・サービス「Home」、コミュニティ・ベースのゲーム「LittleBigPlanet」を発表した。3月7日(米国時間)に行われた同社の基調講演ではWorldwide StudiosプレジデントのPhil Harrison氏が「Game 3.0」というビジョンを説明し、HomeとLittleBigPlanetのデモを披露した。

Game 3.0、第3世代のゲームがSCEの基調講演のテーマ

スタンドアローンのGame 1.0からネットに対応した2.0、そして動的にコンテンツが変化する3.0までの流れ

Harrison氏の基調講演のテーマとなったGame 3.0は、昨今のWebに見られるオンラインコラボレーションやユーザー生成型コンテンツなどのトレンドをゲームに反映した利用モデルだ。Harrison氏によると、Game 1.0はオフラインの独立したコンソール機によるゲーム、Game 2.0はネットに接続したコンソールまたはPCによるゲームだが、コンテンツはディスクに収められた状態のまま変わらない。Game 3.0はネットに接続したデバイスによる双方向性のあるゲームで、コンテンツがダイナミックに変化し、コミュニティ内外を結んだ活動も楽しめる。つまりプレーヤーがゲームに参加することでゲームが成長していく。プレーヤーもゲーム作りのプロセスの一部になるという。

仮想世界の住み家で写真・ビデオを披露

Game 3.0のサンプルとして最初に紹介された「Home」は、3Dアバターが集まる仮想コミュニティだ。小売店やゲームロビーなどの公共エリアのほか、プライベートエリアのアパートが各ユーザーに割り当てられる。アバターの容姿・服装、アパートの内装や家具・調度品などは自由にカスタマイズ可能。他のユーザーのアバターをアパートに招待でき、アパート内で写真やビデオなどPS3内のメディアコンテンツを披露できる。アバター同士はテキスト、オーディオ/ビデオ・チャットでコミュニケーションする。アバターの豊かな動きからも感情が伝わる。またプレーしたゲームの成果を3Dトロフィーなどで記録しておけるHall of Femeというスペースも用意されている。

2007年4月から大規模なベータテストを開始し、サービスの正式提供は2007年秋を予定している。Homeに必要なソフトはPlayStation Storeから無料でダウンロードでき、インストール後はPS3のXMB(XrossMediaBar)から起動できるようになる。

最初に、この画面が現れた時は観客席から「Second Lifeに似ている」という声も…

アバターの顔の輪郭をカスタマイズ

画面内にバーチャルPSPを呼び出して操作

ソフトキーボードでテキスト入力

公共エリアのボーリング場

ゲームロビーでアーケードゲームをプレー

家具カタログからソファを購入してアパートに設置

映画の予告編、Grouper.comなどビデオコンテンツにアクセスできるムービーシアター

クリアしたゲームの3Dトロフィーを飾れるHall of Feme

米国ではPCからアクセスする3D仮想コミュニティ「Second Life」が急速にユーザー数を伸ばしている。住民が仮想世界に土地を所有したりアイテムを作成できるなど、ユーザーが自由に活動できるのが特徴だ。そのSecondLifeもユーザーの権利を制限していた頃は伸び悩んでいただけに、Homeがユーザーにどの程度の"自由"を与えてくれるかが気になるところだ。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) ユーザーもゲーム作りに参加する"Game 3.0"
(2) 遊びを通して世界を創る「LittleBigPlanet」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事