【インタビュー】

アドビがハードウェアを製作? エンジニアが語るPhotoshopの未来像

1 ユーザーの質問や要求が技術革新のアイデアに変わる時

佐藤望  [2007/03/05]
  • <<
  • <

1/3

「アドビ システムズはどのようにPhotoshopの未来を考えているのか?」について「エンジニアが自ら話したい」と来日した米アドビ システムズ デジタルイメージング製品開発副社長のデイブ・ストーリー氏が今後の展開や技術イノベーションについて語った。エンジニアが直接語るAdobe Photoshopの未来像とはどんなものなのだろうか?

ユーザーの質問や要求が技術革新のアイデアに変わる時

アドビ システムズのエンジニアが、我々マスコミに将来的な製品について直接語ることはない。その原因は、エンジニアが語った機能がその後搭載されなかった場合、ユーザーの落胆が大きいことが挙げられる。また、米国ではちょっとした発言が株価に大きな影響を与えることがあり、搭載できる見込みが立っていない新機能や新製品の公表を控える企業はアドビ システムズに限らない。

しかし、自分の愛用しているソフトに関して、メーカーがどのような未来像を描いているのかを知りたいと思うのはユーザーの自然な思いである。特にプロユースが大半を占めるアドビ システムズの製品は、「道具」としての位置付けが強いだけに、ユーザーの将来の方向性にも大きく影響してくる。また、開発状況がまったく伝わってこないと、ユーザーからの要望に対して、アドビ システムズは真摯に取り組んでいるのか ? あるいは新しいバージョンの開発をしているのか? いう疑問も沸いてくる。

実は、アドビ システムズでもユーザーに対して開発状況が伝えられないというジレンマを抱えている人達がいる。デイブ・ストーリー氏もその一人だ。今回のインタビューが実現した背景には、氏自身の「フラストレーションが溜まったから」という理由が大きい。氏の許には、「ほぼ機能が完成しているPhotoshopに今後どのような機能が加わるのか ? 」といった多くの質問がユーザーから寄せられるが、発言する機会がないため、それがストレスの原因になったというのだ。また、ユーザーの要望にどこまで応えようとしているのか、その情報を伝えられないことによって、逆にユーザーの誤解を招くこともある。そこで同社では、2年ほど前からもっとオープンにユーザーに対応していこうという方向性に変わってきており、それが一般ユーザーへのPhotoshop CS3やLightroomのβ版の公開という形になって現れている。そして、今回実現したのが、エンジニアであるストーリー氏の来日だ。

「アドビ システムズには、リサーチラボ(総称アドビラボ)という部署を設置しています。この部署は、社内のアイデアの促進やユーザーの要望リサーチなどを目的としており、デジタル技術の革新につながっています」とストーリー氏は語る。

来日していた米アドビ システムズのデジタルイメージングエンジニアリング部バイスプレジデント バイスプレジデント、デイブ・ストーリー氏。ユーザーの要望を熟知しており、編集部からのあらゆる質問に対して的確に答えてくれた

「Photoshop 7で追加された修復ブラシツールやパッチツール、あるいは新しいスタンプツールもユーザーの意見を汲み上げたものです。修復ブラシツールのアイデアは、物理学の熱伝導からきており、エッジの部分の修復を行って、できるだけシームレスな仕上げになるようにしています。ユーザーからの要求を基にして開発したこの機能は、アドビ システムズのブレイクスルーとなった技術で、「クレイジーマス」と呼んでいます。我々は、エンドユーザーにとって魔法のような機能を実現可能な形で提供しているのです」

また、デジタルカメラの共通RAWフォーマットであるDNG(Digital Negative)の開発も過去3年間で急速に変化した状況に素早く対応した結果だという。

「この3年間で、アドビ システムズが対応するRAWフォーマットは26から150以上に増加ました。しかし、これらのカメラモデルのうち50%は製造中止になり、2社のメーカーが市場から撤退しています。当然ユーザーの間では、自分のカメラを製造中止にしたようなメーカーが提供する独自のフォーマットに頼ってしまって大丈夫だろうか? という不安が高まってきました。アドビ システムズでは、そんな声を汲み取って、アーカイブ用のファイルフォーマットであるDNGファイルフォーマットの開発に至ったのです」と説明する。

そして現在、DNGファイルフォーマットは、ハッセルブラッド、ライカ、ペンタックス、リコー、サムスンのネガティブカメラデータをサポートし、アップルをはじめとして、その他多数のベンダーのソフトウェアが対応をしている。これによって、ユーザーの将来に対する不安を取り除こうというわけだ。また、DNGをサポートしていないカメラに対してもRAW現像ソフトのLightroomを用意している。Lightroomは、Nikon D40やD80、PENTAX K10Dといった最新のデジタルカメラのRAWフォーマットに既に対応しており、このソフトを使うことで例えカメラメーカーがDNGフォーマットをサポートしなくても将来にわたってユーザーは自分のカメラを画像を利用していくことができるのである。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ユーザーの質問や要求が技術革新のアイデアに変わる時
(2) アドビの次なる目標はデジタル画像の課題の克服
(3) 「世界を見る」ことへの挑戦とPhotoshop CS3パブリックベータ版

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

V6森田剛&三宅健の絆伝わるエピソードに感動の声「剛健尊い」「涙出た」
[00:40 5/28] エンタメ
TVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』、第9話のあらすじ&場面カット紹介
[00:14 5/28] ホビー
『ジョジョ』第4部、第9話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[00:01 5/28] ホビー
アニメ「初恋モンスター」ナレーションは大塚明夫!茅野愛衣や武内駿輔も出演
[00:00 5/28] ホビー
[初恋モンスター]大塚明夫がナレーション 茅野愛衣、武内駿輔も
[00:00 5/28] ホビー

特別企画 PR

求人情報