【レビュー】

オーバークロックで3GHzは本当か!? - 2万円で買えるCore 2 Duo E4300を試す

1 新ステッピングの実力は

 
  • <<
  • <

1/5

Core 2 Duoシリーズの新製品、Core 2 Duo E4300の販売が開始となった。このE4300、動作クロックは1.8GHzとやや低めだが、リテールパッケージの店頭価格が約2万円と安価なため、費用対効果を考えれば充分魅力的なプロセッサだろう。筆者もついつい衝動買いしてしまった。というわけで、早速その実力を試してみたい。もちろん"モノ"が"モノ"だけに、本稿ではオーバークロック動作を中心にテストする。

ついつい衝動買いしてしまった

E4300はパッケージがLGA 775、動作クロックが1.80GHz、FSBが800MHz、L2キャッシュが2MBで、65nmの製造プロセスを採用し、TDPは65W。FSBが1,066MHzから下がった以外は、これまでのCore 2 Duoと同様だ。しかしIntelのProcessor Spec Finderで調べてみると、実はコアステッピングが、モバイル向けのCore 2 Duo Tシリーズなどで発表済みの「L2」ステッピングへと移行していることがわかる。

コアステッピングが変わり、同一ファミリーの中で比較して動作クロックとFSBが低く、しかし内部倍率は高め。さらにこの新コア、未確認だが、Conroeのように4MBのL2キャッシュを半分無効にして2MBにしているのではなく、物理的に2MBのL2キャッシュしか持たない「Allendale」コアを採用している可能性が高い。ここまでで"ピン"ときて、早速オーバークロックを試したくなったという読者も少なくないだろう。いかにも"回りそう"な予感がするのだ。

S-SpecはSL9TBで、製造国はMALAYの表示。ちなみにPAC DATEは12/21/2006

※ご注意:オーバークロックはCPU、マザーボードおよびその他パーツに重大な影響を与える可能性があります。オーバークロックに関して編集部および筆者は責任を負いません。くれぐれも自己責任でお試しください。なお結果は今回のテスト環境下でのものであり、そのクロック周波数での確実な動作や、実際の製品で同じベンチマークスコアが得られることを保証するものではありませんので、あらかじめご了承ください。
  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 新ステッピングの実力は
(2) Core 2 Extreme X6800と比べる
(3) 2.4GHzはあっさり、3GHzもすんなり
(4) ベンチマーク、安くて速くて…
(5) 改めて、低消費電力も魅力

人気記事

一覧

新着記事

ついに始まるラジコ渾身の新サービス! 後から聴けるラジオが変えるもの
[17:42 9/26] 経営・ビジネス
立ち食いそば散歩 第33回 アサリをかき揚げ……まずい訳がないっ! 秋葉原「二葉」で腹を満たす
[17:30 9/26] 趣味
NECソリューションイノベータ、全国詳細地図データ標準搭載のGIS最新版
[17:29 9/26] 企業IT
サイコム、Windows 7 Professional搭載のミドルタワーPCを100台限定で販売
[17:21 9/26] パソコン
JR西日本、おおさか東線北区間の新駅「水都・水運の歴史」などキーワードに
[17:15 9/26] ホビー