【レポート】

LispハッカーPaul Graham氏のY Combinator、Web 2.0な起業サイト

Y Combinatorという企業をご存知だろうか? 起業家に対する投資を主な事業としており、Lispハッカーとして著名なPaul Graham氏もパートナーとして名を連ねている。

同社は19日(現地時間)、「Y Combinator Startup News」というリンクサイトを公開した。起業に関する情報へのリンクをユーザが投稿し、ランク付けやコメントをすることができるというものだ。

Y Combinatorはテクノロジ企業--彼らの言葉を借りれば「アイディアはあるが金のない、2-3人の若いハッカーのグループ」--への投資を主に行っている。有名な投資先としてはWeeblyYouOSredditなど。

Y Combinator Startup Newsは、redditと似ている。Y Combinatorとしては、redditよりも起業家にフォーカスしたサイトにしたいということだ。また、Y Combinator Startup NewsがArcによるものであることも注目したい。ArcはY Combinatorによる新しいLispの実装である。さすがはPaul Graham氏といったところか。

同社はY Combinator Startup Newsを、起業家や起業家候補が集う場所にしたいとしている。

エントリーやコメントの投稿にはユーザ登録が必要。このアカウントを使って投資への応募もできる。つまり、Y Combinatorとしても、エントリーに対する議論を通じて、応募してくる起業家候補のことをより深く知ることができる。

ちなみに、Y Combinatorの投資の頻度は年に2回。冬はシリコンバレー、夏はケンブリッジでの起業を対象に行っている。次の締め切りは4月2日だ。米国籍は必要ないとのことなので、気概のある方は応募してみては? その前にY Combinator Startup Newsでの情報収集や議論も忘れずに。Paul Graham氏による起業ハウツーも読んでおきたい。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事