【レポート】

バイナリフォーマット"BISON" - 概念実証が発表に

後藤大地  [2007/02/20]

WebアプリケーションデベロッパであるKai Jager氏は11日(ドイツ時間)、自身のブログにおいてBISON (Binary Interchange Standard and Object Notation)について発表した。興味深い提案なので取り上げておきたい。

現在のWebアプリケーションシステムではデータ通信にはXMLベースのデータを採用することが多い。XMLが普及する以前のバイナリフォーマットと比べてXMLベースのデータにはいくつもの利点があり、時代の趨勢としてXMLをデータ通信の基本フォーマットとして採用する流れにある。

しかしながら、バイナリフォーマットにもまた利点がある。たとえばXMLベースのデータとバイナリフォーマットベースのデータを比較した場合、数値情報の表現に差が表れる。XMLベースフォーマットでは数値を文字列として表現するが、バイナリフォーマットであればビットサイズのまま表現できる。XMLベースではデータのみならずその構造も表現するため、データ以上にサイズが大きくなる傾向にある。つまり、総合的に見てバイナリフォーマットベースの方が通信に必要になるデータ量を抑えることができる可能性がある。

可読性を残しながらもデータ量を抑えるという点では、JSONがすでに実現している。しかし、数値の表現という点においてはXMLと同様だ。

現在の通信帯域やPCの処理能力を加味すると、この程度のサイズ差は取るに足らない問題かもしれない。それに実際問題として問題になるのは流通するデータのサイズではなく、リクエストごとにTCPコネクションを再実行する必要があるといった点だ。ある程度回避することはできるが、本質的にその部分は現状のTCPを使う場合はどうにもならない。

このためすべての問題を解決できるわけではないが、JSONをベースにしてさらにバイナリデータを組み込み、データ量の削除を狙うという発想のもと取り組まれたプロジェクトがBinary JSON、すなわち"BISON"だ。概念実証という位置づけにあり、そもそも着眼点が正しいかどうかはまだわからないとされている。JavaScriptやPHPを使って同コンセプトが実装できるかどうかというチャレンジという意味合いも持っている。

すでに実装途中の成果物がLGPLのもとで配布されており、興味があるデベロッパはためしてみることもできる。現状ではバイナリデータにもかかわらずデータがUTF-8で送受信されてしまうためサイズ効率をあげることができないという実装上の問題を抱えており、解決方法を知っているデベロッパからの打診を期待するとしている。

同提案に対して懐疑的な意見もあるが、可読性のあるフォーマットにバイナリデータを含めるという発想はこれまでもあり、JSONをベースにしているという点で今後の展開に期待がもたれるプロダクトといえそうだ。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

トヨタ、Uberとライドシェア領域での協業について検討開始
[18:19 5/25] 企業IT
【レポート】人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - デンソーが提案する「近い将来のコックピット」
[18:17 5/25] テクノロジー
マイナンバーカードを利用した「オンライン本人確認サービス」 - GMOグローバルサイン
[18:09 5/25] 企業IT
名古屋鉄道デキ400引退! 「ありがとうデキ記念乗車券」など6/4から販売開始
[18:08 5/25] ホビー
四日市あすなろう鉄道新260系、ローレル賞を受賞 - 厳しい条件の克服が評価
[18:03 5/25] ホビー

特別企画 PR

求人情報