【レビュー】

ペンタックス K10D実写インプレッション

1 手ブレ補正を始め、驚くほどの高機能を凝縮(1)

西尾淳  [2006/12/15]
  • <<
  • <

1/7

ペンタックスから新しいデジタル一眼レフ「K10D」が発売された。デジタルならではの新しい機能を多く搭載し、K100Dや従来の*istDSシリーズよりも少し上に位置する意欲的なモデルだ。これをレポートしよう。K10Dはオープンプライスだが、12月初旬時点で、大手量販店のヨドバシカメラではボディのみが119,800円、DA18-55mmF3.5-5.6ALをセットにしたレンズキットが134,800円で発売されている。

従来機よりも重いが、納得できる機能強化

ペンタックスの一眼レフといえば、K100Dも*istDシリーズも、手のなかに収まってしまうようなコンパクトさが魅力だった。対してK10Dは堂々としたボディを持っている。重さは710g(本体のみ)。中堅機として人気の高いニコンD200の830gに比べれば軽いが、キヤノンEOS 30Dの700gとほぼ同じであり、D80の585gよりもずいぶん重い。K10Dが従来のクラスを脱していることもこれでわかる。

ボディが重くなった理由のひとつは、防塵・防滴の高気密ボディを採用したこと。カメラは屋外で使用することも多く、雨やホコリなど、精密機械を使うには実は大変な環境なのである。K10Dはすべてのダイヤルやボタン、ボディの合わせ目などにシーリングを施し、プロ機並みの防塵・防滴性能を確保したという。ボディだけでなく、オプションのバッテリーグリップ(D-BG2)にも同種の対策を施している。ただ、防滴といっても防水とは違い、水中で使えるわけではないので注意してほしい。

背面。モニターは主流の広視野角2.5型液晶モニター。専用のAFボタンなどがクラスの違いを感じさせる

上面。標準的なサイズで目新しさはないが、シャッターボタン脇の「グリーンボタン」が操作のキーでもある

左側面。レンズのすぐ脇にある「RAWボタン」がユニーク。1カットだけRAWで撮りたいといった場合に便利

右側面。たっぷりしたグリップ。ホールドもいい。メディアにはSDメモリーカードを使用する

高精度で耐食性にも優れたステンレスシャシーを採用。これを立体構造とすることで、衝撃にも強いボディとなった

オプションのバッテリーグリップ(D-BG2)を装着したところ。ボディと同じタイプの縦位置ボタンやダイヤルを装備

  • <<
  • <

1/7

インデックス

目次
(1) 手ブレ補正を始め、驚くほどの高機能を凝縮(1)
(2) 手ブレ補正を始め、驚くほどの高機能を凝縮(2)
(3) 新しい露出の提案と心引かれるレンズ群(1)
(4) 新しい露出の提案と心引かれるレンズ群(2)
(5) ペンタックスの新しい絵づくりが始まった(1)
(6) ペンタックスの新しい絵づくりが始まった(2)
(7) 趣味として使いたい一台

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界各国の事情から考える日本のタバコの喫煙マナーのレベル
[10:00 6/25] ヘルスケア
パソコン工房でRadeon RX 480搭載カードを29日22時販売開始
[10:00 6/25] パソコン
加藤綾子と長友佑都が初共演した『アサヒ オフ』の新CM放映開始
[10:00 6/25] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第4弾は一松 孤独に一杯
[09:00 6/25] ホビー
[夏のドラマ見どころ]人気女優続々“オンナのお仕事”もの 波瑠は変人刑事、北川景子はスーパーウーマン、松嶋菜々子は営業部長
[09:00 6/25] エンタメ