【レビュー】

米版Wii、伝言版編……Wiiって、家族向けネットアライアンス?

Wiiは「Wii Message Board(伝言板)」というコミュニケーション機能を備える。メモとメッセージの2種類があり、メモはWii内部のコミュニケーション、メッセージ(電子メール)は外部との通信に利用する。

メニュー画面の封筒のボタンからWii Message Board(伝言板)にアクセス

左から、Wii内部のコミュニケーションに使う「メモ」、外部と通信するメッセージ、アドレスブック

メモを書くには、カレンダーからメモを貼る日付を指定し、Miiを選び、本文を書き込む。ポストすると、カレンダーに「伝言あり」のアイコンが表示される。家族それぞれが自分のキャラクターのMiiを持っていれば、それぞれの家族への伝言をWiiを通じて伝えられる。家族のTo-Doリストにも使えそうだ。

Wii伝言板のカレンダー。伝言やメッセージがある日に封筒のアイコン

カレンダーから伝言がある日に移ったところ

メッセージ(電子メール)を送受信するには、あらかじめ友達のWii、または相手の電子メールを登録する必要がある。Wii登録にはコンソールにふられているWii番号を使う。電子メールは、登録すると相手に確認のメールが送られる。その際に、w[16桁のWii番号]@wii.comという電子メールアドレスが相手に伝えられる。そのメールアドレスに電子メールクライアントからメールを送ると、Wiiに届くのだ。双方が確認の返信を行えば電子メールの送受信が可能になる。友達とのコミュニケーションにも使えるが、家族がそれぞれの電子メールアドレスを登録しておけば、家族の伝言板の延長として使える。たとえば外出先から「今日の帰りは午前様~」という感じの電子メールをWii宛に送っておけば、家族全体に伝えられる。

受け取ったメッセージ(電子メール)は黄色い封筒で表示される。「Today's~」と書かれた封筒だけはメッセージではなく、開いてみると……

中身はWiiの使用レポート

Wii伝言板を使っていたら、インターネットアプライアンスを思い出した。PalmがPDAで元気だった頃に出てきた製品だ。スピーディーだけど機能が乏しいPDAと、機能が豊富だけど取り扱いに苦労するパソコンの中間を狙っていた。大型のPDAという感じで、電子メールを中心に、Webページも閲覧できた。キッチンやリビングルームに置いて、家族の伝言板や情報源として使ってもらおうという製品が多かった。業界の期待も大きく、失敗しても次から次に新製品が出てきたが、結局成功例はなしという不幸なカテゴリーである。今にして思えば、PDA(Personal Digital Assistants)もパソコンも"パーソナル"と付くのに、家族共有というのは無理な話である。

その点ゲーム機、特に任天堂のゲーム機は家族全員で使われるタイプのデバイスなので、家族のデジタル掲示板に適している。Wii伝言板の雰囲気なら、お父さんの"午前様メッセージ"も許せる気分になれるかもしれない。意外とWiiはネットアプライアンスとして成功するんじゃないの……と思わせる「Wii伝言板」だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事