【インタビュー】

海外SFドラマ公式サイトで配信、特別番組「宮内洋探検隊」の謎を追え!

1 宮内洋探検隊長を直撃

 
  • <<
  • <

1/2

11月10日、都内角川ヘラルド映画本社にて、ドキュメンタリー番組「宮内洋の超常現象シリーズ」の撮影が行われた。この番組は11月26日にWOWOWで一挙放映が予定されている海外SFドラマ『バミューダ・トライアングル』の公式サイトで、12月上旬から配信予定。探検隊の隊長には『仮面ライダーV3』などでおなじみの俳優・宮内洋氏を起用しており、プロモーション番組の枠を超えた独自の取り組みがなされている。視聴は無料。

「宮内洋の超常現象シリーズ」は全3部構成で、サイトでは第1部「日本のバミューダ・トライアングルの謎を追え!」を配信。続く第2部ではUFO、第3部ではツチノコが探検目標に選ばれているが、こちらに関する謎は2007年2月23日発売のDVDにて明らかにされるという。全3巻で価格は各2,800円。また同日2月23日には先述の『バミューダ・トライアングル』のDVD-BOXも発売される。こちらは11,550円。両作品とも発売は角川ヘラルド映画、販売は角川エンタテインメントとなる。

この日、撮影を終えたばかりの宮内洋探検隊長にお話をお聞きした。

--探検隊長というオファーがきたときの第一印象をお聞かせください。

「『この企画は俺だからできるんだ!』と豪語するに等しいものだと思いましたね。やらせと思われるのがとても嫌なので、自然な動きのなかでどんどん撮らさせていただきました。超常現象という神秘的なものを追求する男のロマン、ということで取り組んだつもりです」

ガッツポーズが凛々しい宮内洋探検隊長。「テーマは『男のロマン』です!」と力強く語っていただいた

--普段のドラマと今回のドキュメンタリーとではやはり違いますか?

「もちろんです。この手のドキュメンタリーはあくまでノンフィクション。どういったアクシデントが起こるかわかりません。フィクションは全部決められてますが、今回は興味を持った部分に自分から移動して、その感想をお伝えするということですから。例えば2500年前のストーンサークルがある。火を焚く場所だったのかもしれないし、水を溜める場所だったかもしれない。そして上からこの石の位置を見ると、宇宙からのメッセージにも見える。自分の感情は台本には書いてありませんからね」

--俳優の藤岡弘、さんが宮内さんと同じく仮面ライダーと探検隊長を兼任していますが意識はされましたか?

「まったくありません。藤岡は藤岡、私は私ですから」

--撮影を終えての感想と、今後解明してみたい謎をお聞かせください。

「こういった題材はまだまだあるんです。例えば埋蔵金や松尾芭蕉の忍者伝説、そういった歴史の謎も探ってみたいなあ。そして、このあと何か私自身に超常現象が起こるような気もする。起こったら即、第4弾ですね(笑)」

--ありがとうございました。

お借りした探検中のスナップから。巨石の前に立ち、古代に思いを馳せる宮内隊長

同じく探検中の1枚から。古文書を解読し、作戦指示を出す宮内隊長

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 宮内洋探検隊長を直撃
(2) プロデューサーの岩佐陽一氏と荒木憲司監督にも直撃

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

“大食い女王”もえあず、ジャイアント白田も驚く食べっぷり!驚異の新人も登場
[05:00 10/2] エンタメ
後藤真希、本格声優に初挑戦! アニメ版『モンハン』にゲスト出演決定
[05:00 10/2] ホビー
米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー
花澤香菜、ハロウィンスペシャルライブ開催! 新曲「ざらざら」初披露
[02:21 10/2] ホビー