ウィジェットの統一・普及につながるか -「W3C Widgets 1.0」が進行中

ニュース
トップ

【レポート】

ウィジェットの統一・普及につながるか -「W3C Widgets 1.0」が進行中

後藤大地  [2006/11/15]

W3Cにおいてウィジェットの規格である「Widgets 1.0」の策定が進んでいる。執筆現在、公開されているバージョンは「Widgets 1.0 W3C Working Draft 9 November 2006」。最新版は随時、「Widgets 1.0 TR」のサイトで閲覧することができる。同規格の策定にたずさわっているのはOpera Software ASAのAnne Kesteren氏およびQueensland University of TechnologyのMarcos Caceres氏。Anne Kesteren氏が参加していることもあり、同規約はOperaのウィジェット実装と似ている。

「Widgets 1.0 W3C Working Draft 9 November 2006」

同規約で策定が検討されているのはウィジェットのパッケージングフォーマット、マニフェストファイルconfig.xmlの仕様、ウィジェットとともに動作するスクリプリトのインタフェースなど。

同規約における「ウィジェット」とは、リモートデータの更新や表示などを実施するためのクライアントサイドで動作する小規模アプリケーションのこと。単一のまとまりとしてパッケージングされ、クライアントアプリケーションに簡単にインストールできるようなものを指している。既存のアプリケーションとしてはMac OS Xにおける「Dashboard」、「Google Personal」や「Google Desktop」で活用できる「Google Gadgets」などがある。同様のコンセプトの実装は、MSNやYahoo!においても同様に提供されている。

Google Personal利用例 -「Google Gadgets」と呼ばれるウィジェットを追加して自分専用の検索ホームページを構築できる

端的に言えば、ウィジェットはWebブラウザで活用できる「小さな情報閲覧パーツ」のようなもの。天気情報、時刻情報、株価情報、ニュースなどの窓を追加して使えるように実装されている。名称はウィジェットのほか「ガジェット」「モジュール」と呼ばれることもある。

同規約はOperaウィジェットの仕様が色濃く出ているが、「OS X Dashboard」を参考にした部分や、「Atom Autodiscovery」における成果物をベースとした自動ディスカバリ機能なども検討されている。現在、これらのウィジェットサービスはベンダごとに独自規約になっており、互換性がない。ここで同規約が標準規格として普及した場合、ウィジェットを各種アプリケーションで共有できるようになる可能性も出てくる。同規約の普及のカギは、Google、MSN、Yahoo!、Appleなど、現在ウィジェットを活用しているベンダに採用されるかどうかにかかっている。

関連記事

関連サイト

新着記事

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    Twitter、ツイートを分析できるダッシュボードを一般ユーザーにも公開
    [12:01 8/28] エンタープライズ
    キリンビール、新商品を通じて新手法のマーケティングを実施
    [11:59 8/28] エンタープライズ
    プルデンシャル生命、公的な障害年金制度と連動の「就労不能障害保険」発売
    [11:53 8/28] マネー
    旅行予約サービス、スマホからの利用者が増加 - ニールセン
    [11:52 8/28] エンタープライズ
    2013年の個人EC市場規模は11.2兆で前年比17.4%の増加 - 経産省調査
    [11:52 8/28] エンタープライズ

    特別企画

    一覧

      求人情報