【レポート】

IDF Fall 2006 - Memory Update

1 Intel Status - その1

  • <<
  • <

1/11

IDFが終って2週間以上経つにも関わらず、やっと3本目という超スローモーペースであるが、まぁ筆者に速報性を求める読者も少ないだろうと勝手に解釈して、このペースでやってゆきたい。ちなみにあと2本ほど書く予定である。

さて、おなじみのMemory Updateである。今回はFB-DIMM1とDDR2が既にLaunchされた後なので、焦点としてはDDR3世代やFB-DIMM1の後継が主なところになる。そんな訳で、本稿ではこのあたりを中心に取り上げようと思う。

Intel Status

最初に"Current & Future Main Memory Technology for IA Platforms"というテクニカルセッションの内容から、Intelの動向を見てみたい(余談だが、予定ではこのセッションのタイトルは"DDR3 Features & Benefits for Intel Platforms"であった。セッション名変更の理由は不明である)。

まずはIntelのMmeory Technology Roadmapから。前回と比べると違いがわかりやすいが、FB-DIMMとDDR2-800がRamp Upしたほか、DDR3-1333が追加されているのが主な違いと言える。で、DDR3に移る前にFB-DIMMのProjectionを簡単に示す(Photo02)。今年後半から出荷が始まったFB-DIMMだが、2007年末にはRegistered DDR2と同等のボリュームが出荷されるようになり、これに伴い価格のプレミアも無くなる、というのがIntelの予測だ。

Photo01:ところでうっかりしていたのだが、2006年一杯でついにPC133が無くなる。実は2004年だったか2005年だったかのCOMPUTEXで、IntelはCeleron+Intel 815ベースの家電向けプラットフォームの提案をしていた。無茶苦茶格安でシステムを作れる割に高性能、という触れ込みだったと思うが、PC133が今年中にサポートなしというのは、つまりこのプラットフォームの提供を放棄したということだろう。ところでIXP4XXの下のほう(IXP420~425)はSDRAMを使う設計になっている筈だが、サポートされないとなると、上位(IXP455~465)に移るということだろうか?

Photo02:今のところFB-DIMMを使うのはIntel Platformだけ(AppleもIntelチップセットだから、ここに含まれる)で、AMDやIBM/Sun/etc...などのサーバーベンダーは引き続きRegistered DDR2を使うから、丁度半々になるという見通しであろう。

  • <<
  • <

1/11

インデックス

目次
(1) Intel Status - その1
(2) Intel Status - その2
(3) Micron Status - その1
(4) Micron Status - その2
(5) Micron Status - その3
(6) DDR3の現状 - その1
(7) DDR3の現状 - その2
(8) Registered DDR3とFB-DIMM2 - その1
(9) Registered DDR3とFB-DIMM2 - その2
(10) Registered DDR3とFB-DIMM2 - その3
(11) FB-DIMMのStack製品、アグレッシブなGDDR

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事