【レビュー】

噂の「Aperture 1.5」を早速使ってみました

1 マイナーバージョンアップを超えている?

 
  • <<
  • <

1/3

全世界のカメラファンが注目するイベント、photokina。その会場で華々しく発表された「Aperture 1.5」は、Mac ProやiMac、MacBookといった"Intel Mac"日本語や独語など英語以外の言語をサポートするなど、メジャーバージョンアップに匹敵するほどの機能向上が図られている。それでは早速、その主要な変更点をチェックしてみよう。

バージョン1.2からユニバーサルバイナリに、いわゆる“Intel Mac”でも動作可能

ついに日本語対応を実現、英語のメニューで戸惑うこともなくなった

ライブラリのアップグレードとプレビュー作成には相応の時間を要すので御用心

進化した「ルーペ」をどう使いこなす?

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) マイナーバージョンアップを超えている?
(2) 新しくなった「ルーペ」
(3) キーワードは「連携」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

芸能人×一般人が”サシ”でトーク! 新番組『テレ東のさしめし』
[14:00 9/30] エンタメ
海原やすよともこ「お金に目をくらませない」『どこいこ!?』人気の秘密
[14:00 9/30] エンタメ
石原さとみ、1億円持ち上げられるか!? "おでんふーふー"にスタッフメロメロ
[14:00 9/30] エンタメ
新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT